MY LITTLE LOVER
2001-12-12

【収録曲】
全曲作詞作曲編曲 小林武史
4.7.作詞 小林武史&AKKO
15.作詞 岩井俊二、CHARA&小林武史
3.作曲 藤井謙二&小林武史
プロデュース        小林武史

1.Man&Woman ★★★★☆
2.白いカイト ★★★★★
3.Hello,Again~昔からある場所~ ★★★★★+2
4.ALICE ★★★★★
5.NOW AND THEN~失われた時を求めて~ ★★★★★
6.YES~free flower~ ★★★★☆
7.ANIMAL LIFE ★★★★☆
8.Shuffle ★★★★★
9.空の下で ★★★★★
10.DESTINY ★★★★★
11.Days ★★★★★
12.CRAZY LOVE ★★★★☆
13.shooting star~シューティングスター~ ★★★★☆
14.日傘~japanase beauty~ ★★★★☆
15.あいのうた~Swallowtail Butterfly~ ★★★★★

【収録曲の出典】
1.2.3.「evergreen」(1995年)
4.7.10.11.12.「NEW ADVENTURE」(1998年)
5.6.8.9.「PRESENTS」(1998年)
13.14.「Topics」(2001年)
15.新録

2001年12月12日発売
2008年5月1日再発
トイズファクトリー
最高位1位 売上59.6万枚(オリジナル盤)

My Little Loverの1stベスト。タイトル通りシングルから主に選曲されているが、完全なるシングルコレクションではない。両A面シングルでも両方収録されているシングルと片方しか収録されていないシングルがある。ギターの藤井謙二は今作を最後に脱退することとなった。今作と同日にPV集「clips」も発売された。

発売当初は三方背BOX入り仕様でブックレットが分厚かった。ブックレットには小林武史によるライナーノーツが掲載されていたためである。しかし、再発盤ではBOXケースもライナーノーツもカットされている。ジャケ写のケーキの色も変わってしまっている。

選曲についてはA面シングルでは「Private eyes」が、両A面シングルでは「Man&Woman」との両A面「My Painting」が収録されず。今作発売時の最新シングル「日傘~japanese beauty~」までが収録されている。

楽曲の感想については新録された「あいのうた~Swallowtail Butterfly~」のみにさせていただく。それ以外の楽曲についてはそれぞれ収録されているアルバムの感想の記事を読んでいただきたい。


「あいのうた~Swallowtail Butterfly~」はYEN TOWN BANDの楽曲のカバー。セルフカバーと言った方が正しいだろうか?小林武史が作詞作曲編曲に関わっているためである。原曲は「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」とタイトルが逆になっている。原曲は映画『スワロウテイル』の主題歌に起用された。YEN TOWN BANDはこの映画の中に登場する架空のバンドだったが、このシングルで実際にデビューを果たした。ボーカルはCHARA。『スワロウテイル』の主演でもある。AKKO自身この曲を歌いたかったということで、このカバーが実現した。My Little Loverバージョンのサウンドは打ち込みがメインになっている。原曲よりも淡々と進んでいく感じ。AKKOもCHARAと負けず劣らずの独特な歌声であるが、AKKOはさらっと歌い上げている。原曲が著名なためCHARAの声の印象が圧倒的に強い。ハスキーで粘っこい感じの非常に独特な歌声。My Little Loverバージョンもそれなりに良いのだが、原曲が強過ぎる。


ヒット作なので中古屋ではよく見かける。現在では今作の上位互換と言える2010年リリースの「Best Collection」が出回っているため今作はほぼ役目を終えた印象が否めないが、My Little Loverの楽曲に手軽に触れるなら今でもおすすめできる。「あいのうた~Swallowtail Butterfly~」は現在も今作でしか聴けない。My Little Loverの全盛期のシングルはほぼ網羅できる。特に初期の楽曲は凄過ぎる。中盤以降は実験的な作風の曲もあるがそれでもさらっと聴かせてみせる。今作を聴くだけで天才ポップス職人、小林武史の圧倒的な才能と実力を知ることができる。「Hello,Again~昔からある場所~」は ポップス史に残るべき傑作と言っても過言では無い。

★★★★★