小田和正
1995-03-25

【収録曲】
全曲作詞作曲編曲 小田和正
10.作詞 Johnny Marcer
10.作曲 Henry Mancini
プロデュース 小田和正 大間ジロー

1.a song of memories ★★★☆☆
2.僕の贈りもの ★★★★★
3.静かな夜 ★★★★★
4.I miss you ★★★★☆
5.一枚の写真 ★★★★☆
6.誇れるのはたゞ ★★★☆☆
7.in the city ★★★★☆
8.between the word & the heart -言葉と心-  ★★★★☆
9.ためらわない、迷わない ★★★★☆
10.moon river ★★★★☆

1988年3月5日発売
1995年3月25日再発
ファンハウス
最高位3位 売上11.9万枚

小田和正の2ndアルバム。今作発売と同日に「僕の贈りもの」がシングルリリースされた。オフコース在籍時代の作品である。今作はオフコースのラストアルバム「Still a long way to go」の少し前にリリースされた。

前作「K.ODA」はTOTOのメンバーを始めとしたアメリカ西海岸の超一流ミュージシャンを数多く揃えて製作された。しかし、今作では参加したミュージシャンの人数がかなり減っている。大きなトピックと言えば、プロデュースにオフコースのドラムである大間ジローが参加したこと。オフコースのメンバーの間を取り持つ立場であったという大間ジローは今作で小田和正の補佐役として活躍した。
そのようなレコーディングがされたためか、全編通してゆったりとした雰囲気の曲が多い。前作では質の高いお洒落なAORが展開されていたが、そちらとはまた違った魅力がある。

今作のミックスにはオフコースからの付き合いであるビル・シュネーが参加した。今作の製作のきっかけがビル・シュネーにあるのだという。彼が小田和正に借金を申し込んだらしく、それがきっかけ。「借金を返すためにアルバムを作ろうと思った」とのこと。


「a song of memories」は今作のオープニング曲。ほぼ全編英語詞による1分半程度の短い曲。サウンドはキーボードがメイン。ラストは日本語詞になる。「悲しい時代も 結ばぬ愛も やがて 思い出の歌になってゆく」という歌詞が印象的。アルバムそのもののイントロのような立ち位置があるのだろう。


「僕の贈りもの」は今作と同日に発売されたシングル曲。1973年にオフコースで発表した楽曲のセルフカバー。第一生命の「パスポート21」のCMソングに起用された。小田和正が最も気に入っている曲なのだという。ピアノ主体のしっとりとしたサウンドが展開されている。ラストの「この歌は僕からあなたへの贈りものです」という歌詞が印象的。オフコースが解散する少し前のタイミングでオフコース初期の名曲をセルフカバーするというのが興味深い。


「静かな夜」は前作の流れを継いだような、AOR色の強い曲。メロディーはゆったりとしている。ダン・ハフによる間奏のギターソロは鳥肌が立つこと必至。曲全体を通してメロウな雰囲気に満ちている。夜を舞台に、男女の会話のやり取りを描いた歌詞が展開されている。小田和正のAORの定番と言えるテーマ。「すれ違う心 ときめき合う心 はじめから終わりまで 恋は切なくて」という歌詞が印象的。これから何かが始まるようなムードが漂っている。


「I miss you」は後にベスト盤に収録されたバラードナンバー。都会の冷たさを想起させるようなキーボードの音色に絡む力強いギターサウンドが非常に格好良い。歌詞はタイトルからも想像がつくかもしれないが、とても切ない。「何もなかったように 昨日のはなし 続けて 震える心は 誰にも気づかれない」という歌詞が印象的。切なさの中にも大人の渋い雰囲気も持ち合わせているのが小田和正ならでは。


「一枚の写真」はゆったりとした曲調が心地良いポップな曲。イントロの何とも言えない懐かしさを持ったシンセの音色がたまらない。間奏のアコギのソロが特徴。青春時代に付き合っていた昔の彼女のことを振り返った内容の歌詞。「青春の坂道は 果てしなく 遠く見えた 二人でゆくはずの どこまでも続く道」というサビの歌詞が印象的。思い出の写真を探してみたくなる。この曲の優しく懐かしい雰囲気が素晴らしい。


「誇れるものはたゞ」はしっとりと聴かせるバラードナンバー。サウンドはシンセが前面に出ている。浮遊感があって幻想的な感じのサウンドになっている。歌詞は後悔の念や自分を支えてくれている人への感謝が語られている。「今でもあの友たちは この僕をどこかで見ているのだろうか 今でもあのひとはまだ この僕のことを愛せるだろうか」というサビの歌詞が印象的。曲全体を通して丁寧に、言葉を噛みしめるように歌っている。小田和正の歌唱力を再認識させられる。


「in the city」は東京の街を描いたポップな曲。東京に憧れて来る若者たちを描いている。サウンドはシンセやキーボードが前面に出ている。バグパイプのような音が使われており、曲にインパクトを与えている。「誰れもが city boy」というサビのフレーズは時代を感じさせる。バブル時代だったリリース当時の日本の姿を想起させる。


「between the word & the heart -言葉と心-」は今作のタイトル曲。タイトルだけ聴くと分からない方が多いかもしれないが、テレビ朝日系の番組『渡辺篤史の建もの探訪』のテーマソングや、日本テレビ系の番組『世界一受けたい授業』で生き物の特集をする時のテーマとして使われている。「時々遠くを見つめる 不安そうな あなたの横顔」という歌い出しのフレーズに聴き覚えがある方は多いと思う。サウンドはアコギ以外は殆ど打ち込みによるもの。今作の作風を象徴するような曲だと思う。


「ためらわない、迷わない」は後にベスト盤に収録された曲。ピアノやドラムが前面に出ており、今作には珍しい壮大なサウンドである。タイトルからも察しがつくが、小田和正の決意表明のような歌詞が展開されている。オフコースの解散を控えていた頃だったので色々と思うことがあったのだろう。「自らの信念を貫いていく」というようなメッセージが込められている。「ためらわない 迷わない 何をいわれても まわりのすべてのこと 気にしないで」というサビの歌詞が印象的。ライブでもよく演奏されているので、小田和正自身気に入っている曲だと思われる。


「moon river」は今作のラストを飾る曲。1961年に公開された映画『ティファニーで朝食を』でオードリー・ヘップバーンが歌った曲のカバー。この曲は今もなお多くのアーティストがカバーしており、世界的なスタンダードナンバーとなっている。この曲は小田和正の音楽の原点なのだという。初めて買ったレコードだったようだ。サウンドは全て打ち込みによるもの。後半にはストリングスが入ってくる。とても美しく幻想的な雰囲気に溢れている。ラストにふさわしい存在感がある。


ヒット作ではないので中古屋ではあまり見かけない。全10曲で再生時間36分程度と非常にコンパクトな作品。ジャケ写からも何となく分かるが、全編通して地味な印象がある。「僕の贈りもの」や「moon river」といった、小田和正自身の音楽の歴史を振り返るような曲が収録されているのが特徴的。これだ!というような突出した名曲は無いのだが、その地味さが何度も聴ける理由なのかもしれない。

★★★★☆