JUDY AND MARY
2001-05-23

【収録曲】
DISC1
全曲作詞 YUKI
2.3.4.5.8.15.作詞 Tack&Yukky
6.7.11.作詞 TAKUYA
全曲作曲 TAKUYA
9.14.作曲 恩田快人
全曲編曲 JUDY AND MARY
2.4.編曲 TAKUYA

1.Over Drive ★★★★★+2
2.ラッキープール ★★★★★
3.クラシック ★★★★★
4.mottö ★★★★★
5.くじら12号 ★★★★★
6.KYOTO ★★★★☆
7.夕暮れ ★★★★★
8.RADIO ★★★★☆
9.Hello!Orange Sunshine ★★★★☆
10.手紙をかくよ ★★★★★
11.イロトリドリノセカイ ★★★★★
12.Cheese"PIZZA" ★★★★☆
13.ラブリーベイベー ★★★★☆
14.おめでとう ★★★★★ 
15.ステレオ全開 ★★★☆☆

DISC2
全曲作詞 YUKI
9.作詞 Tack&Yukky
全曲作曲 恩田快人
3.12.作曲 五十嵐公太
4.6.9.14.作曲 TAKUYA
全曲編曲 JUDY AND MARY
12.14.編曲 TAKUYA

1.そばかす ★★★★★+2
2.小さな頃から ★★★★★
3.散歩道 ★★★★★
4.LOVER SOUL ★★★★★
5.BLUE TEARS ★★★★★
6.ジーザス!ジーザス! ★★★★☆
7.クリスマス ★★★★★
8.ドキドキ ★★★★★
9.BATHROOM ★★★★☆
10.風に吹かれて ★★★★★
11.DAYDREAM ★★★★☆
12.あたしをみつけて ★★★★☆
13.自転車 ★★★★★
14.Brand New Wave Upper Ground ★★★★★ 
15.エゴイスト…? ★★★★☆

プロデュース JUDY AND MARY
2001年5月23日発売
2009年9月2日発売(Blu-Spec CD)
Epic Records
最高位1位 売上78.3万枚

JUDY AND MARYの2ndベスト。初回盤は灰色の三方背BOX入り仕様。

今作はファン投票によって選曲された。2枚組で計30曲収録されているが、DISC1は奇数順位の曲、DISC2は偶数順位の曲で構成されている。どちらかに代表曲が集まるということになっていないのは良いと思う。

可愛らしいアートワークが印象的だが、これはLOVERS HOUSEのキャラクター。ジャケ写やブックレット内に収録曲数にちなんだ計30組のキャラクターが登場している。

今作は解散後のリリースとなった。「WARP」には今作のリリースの告知や投票のお願いが書かれた紙が封入されていた。売上は前年に「FRESH」がリリースされていたことが理由か、ミリオンは達成ならず。ラストアルバム「WARP」も下回る結果となった。

楽曲の感想については今作が初収録となる曲のみにさせていただく。


「夕暮れ」は1995年にリリースされた8thシングル「ドキドキ」のC/W曲。オリジナルアルバムには未収録。アコギが主体になったサウンドが心地良い、しっとりと聴かせるバラード。聴いていると秋の夕暮れの光景が浮かんでくる。「今日 一番 素敵な唄を届けに行くから 今日 一番 素敵な想いを伝えたいから とっておきの笑顔で私を待っててね」という歌詞が印象的。どこか懐かしさを感じさせる曲。ファン投票に食い込むのも分かるようなバラード。日の目を見て良かったと思う曲。


「おめでとう」は1996年にリリースされた10thシングル「クラシック」のC/W曲。オリジナルアルバムには未収録。勢いの良いバンドサウンドが展開されたポップロックナンバー。歌詞を見る限りだと友達の結婚を祝う女性を描いたものだと解釈できる。YUKIは友達の結婚式でこの曲を歌ったらしい。「おめでとう!今日 太陽が見えなくなっても イヤッていうほど 言ってあげられるわ」というサビの歌詞が印象的。良い曲だが、オリジナルアルバムに入っていたら浮いていたと思う。そう考えるとC/W曲の名曲枠として眠っていたのは正解なのかもしれない。


「エゴイスト…?」は1995年にリリースされた7thシングル「Over Drive」のC/W曲。パンクテイストの曲。勢いのある曲調なので聴いているとつい体を動かしてしまう。歌詞は彼女がいる男性に恋した女性を描いたもの。曲に反して歌詞のテーマが中々に重い。歌い出しの「あなたの見る夢まで 束縛したいくらい 究極のエゴイスト…? 彼女のこと忘れて」という歌詞から凄い。YUKIくらいの人なら束縛されても良いと思う。


ヒット作なので中古屋ではよく見かける。JUDY AND MARYの入門には『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』と共におすすめできるベスト盤。どちらを選んでも良いと思うが、こちらの方はいわゆる「隠れた名曲」を聴くことができる。代表曲とセットで聴けるのがこちらの魅力。
『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』はコンプリートと言いつつ全シングルを収録しているわけではない。「手紙をかくよ」「イロトリドリノセカイ」「Cheese"PIZZA"」「ラブリーベイベー」はそちらに収録されていない。今作ではその4曲がDISC1で仲良く並んで収録されているので、それを『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』のDISC1に組み込んでCD-Rを作るとコンプリートシングルベストになるらしい(『Beautiful Dreamer』管理人のMOMA氏より)
今作はアルバム未収録曲も3曲入っているため、オリジナルアルバムを全て持っているファンでも資料的な価値はある。持っておくべき。

★★★★★