高野寛
1997-06-25

【収録曲】
全曲作詞作曲編曲 高野寛
14.作詞作曲 J-LENNON&P-MAcCRTNEY
1.編曲 坂本龍一
2.編曲 屋敷豪太
6.7.編曲 高野寛,今堀恒雄
10.編曲 高野寛,斎藤誠
12.編曲 田島貴男,高野寛
プロデュース 高野寛

1.夢の中で会えるでしょう(Single Version) ★★★★★
2.KAORI(Single Version) ★★★★☆
3.Cheerio! ★★★★★
4.ベステンダンク(Single Version) ★★★★★
5.虹の都へ ★★★★★
6.ベイビー・ベイビー ★★★★☆
7.幻の恋 ★★★★★
8.相変わらずさ ★★★★☆
9.Blue Stone(Single Version) ★★★★☆
10.Moon Shadow ★★★★★
11.All over,Starting over〜その笑顔のために〜 ★★★★★
12.Winter's Tale〜冬物語〜 ★★★★★
13.SALSA DE SURF 省略
14.IN MY LIFE ★★★★☆

1997年6月25日発売
東芝EMI
100位圏外 売上不明

高野寛の2ndベスト。前作ベスト「Timeless Piece」からは約5年振りのリリースとなった。

今作は東芝EMI時代の締めくくりとしてリリースされたと思われる。次作以降はレコード会社を移籍している。選曲は前作の「Timeless Piece」と極力被らないようなものになっている。被っているのはヒット曲である「虹の都へ」「ベステンダンク」の2曲。ボーナストラックという形を含めれば「Winter's Tale」も当てはまる。そのため、「Timeless Piece」の続編とも言える。

タイトルからも何となく察しがつくかもしれないが、CD-EXTRA仕様である。これを使ってボーナストラックや、高野寛自ら監修したデジタルマガジンが収録されている。管理人の家のパソコンが潰れてしまったのでデジタルマガジンの中身についてはよく分からない。中で使われているBGMも高野寛自ら手がけたもののようだ。

楽曲の感想については今作が初収録となる2曲のみにさせていただく。


「SALSA DE SURF」はボーナストラック。インスト曲である。世界でも活躍するアコーディオニスト、作曲家であるCOBAこと小林靖宏がプロデュースした。フュージョン色の強いインスト曲になっている。キーボードやベースが前面に出ている。とても格好良いサウンドになっている。


「IN MY LIFE」はビートルズの楽曲のカバー。後にカバーアルバム「TOKIO COVERS」に収録された。高野寛はビートルズの影響を強く受けており、それがよく現れたカバーだと思う。原曲に比較的忠実なアレンジがされているのが好印象。


100位圏外というセールスに終わったため、中古屋で見かけることはあまり無い。現在高野寛の入門としては「相変わらずさ」が一番おすすめできる。入門としてもあまりおすすめできるとは言えないので尚更地味な作品という印象がある。1993年以降にリリースされたシングル曲が多く収録されているので、その時代に絞って聴くなら良いかもしれない。どうしても1980年代後半〜1990年代前半の曲が注目されがちだが、それ以降の曲も名曲揃い。職人・高野寛の紡ぎ出すポップスに酔いしれてほしい。

★★★☆☆