KAN
2010-10-27

【収録曲】
全曲作詞作曲 KAN
全曲編曲       KAN・小林信吾
1.編曲 KAN 十川知司
プロデュース KAN

1.涙の夕焼け ★★★★★
2.8 days A week ★★★★☆
3.MAN ★★★★★
4.夏は二の腕発情期 ★★★★☆
5.今度君に会ったら ★★★★★
6.DISCO 80's ★★★★☆
7.ひざまくら〜うれしい こりゃいい やわらかい〜 ★★★☆☆
8.Autumn Song ★★★★☆
9.Mr.Moonlight ★★★★☆
10.指輪 ★★★★★

1996年5月27日発売
2010年10月27日再発(リマスター)
マーキュリー
アップフロントワークス(2010年盤)
最高位12位 売上5.2万枚

KANの10thアルバム。今作と同日にシングル「MAN」がリリースされた。今作発売後には「涙の夕焼け」がシングルカットされた。前作「東雲」からは約1年6ヶ月振りのリリースとなった。

今作はデビュー以来所属したポリドールを離れ、マーキュリー・ミュージックエンタテインメントに移籍してから最初のアルバム。レコード会社を移籍して心機一転を図ったのか、ジャケ写からはKANのセルフポートレートが排除されることとなった。その結果、ベージュの背景に収録曲一覧という極めてシンプルなジャケ写になった。
今までのアルバムのジャケ写はKANのセルフポートレートが載せられていた。KANの写真はブックレットの最後のページに掲載されている。

今作はKANにとって初の海外レコーディングがされた作品でもある。場所はロサンゼルス。ブラス、ストリングス、コーラスのダビング等がロスで行われた。

今作はKANの自信作。「今でも発表時とかわらず納得度の高い楽曲が並んでいる」とのこと。特にタイトル曲である「MAN」を気に入っているようだ。


「涙の夕焼け」は今作発売後にシングルカットされた曲。フジテレビ系情報番組『ビッグトゥデイ』のエンディングに起用された。編曲はKANと小林信吾のコンビではなく、CHAGE&ASKAの「SAY YES」や「YAH YAH YAH」の編曲でも知られる十川知司が参加している。イントロにはレコードのノイズ音が使われている。慣れていない方は不気味に感じるかもしれない。切なさに溢れたメロディーが展開されているが、曲調はあくまでポップ。歌詞は恋人と別れる直前の状況を描いている。「どこまでもみっともなくても どうしても君と別れたくない」というラストの歌詞が印象的。歌詞、ボーカル、メロディーの全てから男の切ない感情が伝わってくるようである。


「8 days A week」は跳ね上がるようなメロディーが心地良いポップな曲。サウンドは打ち込みがメイン。歌詞は幸せな日々を過ごす恋人達を描いたもの。弱い性格の男を仕方がないと思いつつ認めて一緒に過ごす彼女。KANの楽曲ならではのシチュエーションである。タイトルはビートルズの曲から取ったと思われる。「物足りなさそうに君が笑う これでいいんじゃないのとぼくだって笑う とにかく君は今ぼくといる」という歌詞が印象的。聴いていて微笑ましくなるような曲である。


「MAN」は今作と同時発売されたシングル曲であり、タイトル曲。女性と向き合うことに対しての考えが綴られた壮大なロッカバラード。KANらしい誠実さに溢れている。ピアノが前面に出ているが、途中から力強いバンドサウンドが流れ込んでくる。サビはどことなくMr.Childrenの「終わりなき旅」を思わせる。こちらの方が先だが、桜井和寿はKANの影響を強く受けているので拝借したのかもしれない。「男は誰にもどんな人にでも 守るべきものが二つ以上ある」という歌詞はまさに名言。普通に取れば名言と感じるが、少し穿った見方をすれば下ネタとも取れるという凄さ。タイトル曲を飾るにふさわしい素晴らしい曲である。KANが自信作というのも頷ける。


「夏は二の腕発情期」はタイトル通りの変態ソング。男としての信念を歌い上げた「MAN」から一転、男の欲望を歌い上げる曲。この落差こそKANである。曲はとてもポップ。複雑に作り込まれたメロディーが展開されている。彼女の二の腕が好きでたまらない男を描いた歌詞。夏と言えば女性の方々はノースリーブになり、二の腕をいつでも楽しめる時期である。「君の二の腕にいつもドキドキしてるんだ」と堂々と歌い上げている。 ふざけているようだが、本人は大真面目である。だからこそ熱意が伝わってくる。


「今度君に会ったら」はしっとり聴かせるバラードナンバー。KANの影響を強く受けたと公言するaikoが番組内でカバーした(この時KANはピアノの演奏で参加)ことでも知られる。aikoのファンからの知名度があるかもしれない。優しいピアノの音色と穏やかなメロディーが心地良い。後半からはストリングスも入ってくる。タイトル通り、次に恋人に会ったら何をしようかと考える内容の歌詞になっている。男の素直な心が綴られた歌詞は誰もが良いと思えるようなものである。KANの数ある名バラードの一つと言っても良いだろう。


「DISCO 80's」はタイトル通りのディスコナンバー。後にベスト盤「IDEAS」に収録された。KANは大学生時代にディスコでバイトしていたようで、その経験が生かされた曲だと言える。サウンドはホーンが前面に出ている。トランペットではジェリー・ヘイが参加している。「ツバキハウス、カンタベリーハウス、ラジャコート、トキオそして玉椿」等と1980年代に実在したディスコの店舗名が歌詞に登場する。KANは玉椿でバイトしていたという。歌詞はその当時の楽しい思い出を振り返っているもの。 KANと同世代の方ならより楽しめる曲かもしれない。


「ひざまくら〜うれしい こりゃいい やわらかい〜」は男の欲望が描かれたポップな曲。サブタイトルについてはドリカムの某名曲を真似たとされている。KANならやりかねない。曲はカントリーテイスト。語りかけるようなKANのボーカルが特徴的。歌詞は彼女に甘えたい男の素直な心が語られている。男にとっての世界平和とはひざまくらなのである。「うれしいな〜 やわらかいな〜 こりゃいいな〜」と歌い上げるサビはインパクト抜群。ネタ曲のようだがしっかり聴かせる曲に仕上げる辺りはKANならではと言ったところ。


「Autumn Song」はピアノが主体になったバラードナンバー。秋を舞台にしたピアノポップというと「秋、多摩川にて」を想起させるが、そちらとは違って明るさは無い。別れた恋人への想いが語られた歌詞になっている。例え本心ではなくても自分の声に気付いて涙を流してほしい…と切々と訴える歌詞。「足もとに積もる枯葉を宥める様にぼくら俯いたまま」という歌詞が印象的。心をグサグサと突き刺してくるように切ないバラードである。今までのKANの楽曲には無いようなシリアスさがある。


「Mr.Moonlight」はソウル色の強いバラードナンバー。サウンドはキーボードやシンセのみで構成されている。無機質で冷たい雰囲気を持ったサウンドとなっている。コーラスには外国人を招いたためか、ソウルフルなコーラスとなっている。歌詞は別れた恋人のことを想いながら一人の夜を過ごす男を描いたもの。「どのくらいおちこめば ぼくは救われるのだろう いったい何をつぐなって いったい何に祈ればいい わからない」という歌詞が印象的。


「指輪」は今作のラストを飾る曲。KANによるピアノだけで構成されたシンプルなバラード。かつての「君が好き胸が痛い」を彷彿とさせる。この曲もまた失恋ものバラード。忙しい現実に追われて別れた恋人のことを忘れているつもりだったが、結局忘れられずにいる。後悔の念に駆られる男を描いた歌詞。「もう一度 君と話せたなら かざりをつけず もう一度 君にあえたなら うまく言えるさ」という歌詞が印象的。少しかすれたボーカルがこの曲の世界観を上手く表現している。


中古屋ではたまに見かける程度。KANが自信作と称するだけあって、バリエーション豊かなポップスが展開されている。今作は失恋モノバラードが多い印象。感傷に浸りたい時に聴くのが良いかもしれない。ふざけた曲もあるが、それ以上にメロウな雰囲気の曲の方が多い。KANの音楽性の幅広さを楽しめる作品になっており、KANのアルバムの中でも屈指の名作だと思う。ヒット曲こそ無いものの、ライトリスナーでも聴きやすい作品だろう。

★★★★★