Mr.Children
2005-09-21

【収録曲】
全曲作詞作曲 桜井和寿
全曲編曲         Mr.Children&小林武史
プロデュース  小林武史

1.Worlds end ★★★★★
2.Monster ★★★★☆
3.未来 ★★★★☆
4.僕らの音 ★★★☆☆
5.and I love you ★★★★☆
6.靴ひも ★★★★☆
7.CANDY ★★★★★
8.ランニングハイ ★★★☆☆
9.Sign ★★★★☆
10.Door ★★★☆☆
11.跳べ ★★★★★
12.隔たり ★★★★☆
13.潜水 ★★★☆☆

2005年9月21日発売
トイズファクトリー
最高位1位 売上113.7万枚

Mr.Childrenの12thアルバム。先行シングル「Sign」「四次元 Four Dimensions」を収録。「四次元 Four Dimensions」は4曲中3曲収録されているが、「ヨーイドン」は未収録。前作「シフクノオト」からは1年5ヶ月振りのリリースとなった。初回盤は存在しない。プラケースで発売されるのは実に「深海」以来。タイトルは「アイラブユー」と読む。

今作は比較的ロック色の強いアルバムである。とは言っても「深海」〜「DISCOVERY」の時期とはまた違う。先行シングルの「Sign」のような穏やかでしっとりとした曲もあるが、どちらかというと激しい面が目立っている。楽曲はラブソングが多め。「様々な愛の形」を表現したようだ。桜井和寿は「自分の中では最高傑作だったが、周りからのウケは悪かった」という旨の発言をしている。

今作はかなりデザインが凝っているのが特徴。「愛」「衝動」をテーマにしている。原稿用紙をバックに潰れたトマトというジャケ写のデザインからもそれがうかがえる。
 「愛は痛々しくもあり、衝動的でもあり、愛おしくもあるもの」というコンセプトに沿ったデザインである。
そのジャケ写からか、今作は「トマト」と呼ばれることがある。何故トマトを使用したのか。人間関係について、「新鮮であればあるほど脆く、関係が熟れていけばいくほど壊れやすいものだ」という考えが込められているようだ。
歌詞カードのデザインも凝っている。最早凝りすぎて読みにくいレベル。様々な形で歌詞が配列されている。大きさがバラバラだったり、蛇行していたりと読み辛い。


「Worlds end」は今作のオープニング曲。リード曲扱いなのか、今作のアルバム曲では唯一MVが制作されている。後にベスト盤「Mr.Children 2005-2010 〈macro〉」に収録された。ベスト盤のプロモーションとして出演したMステでこの曲が演奏された。バンドサウンドとストリングスの絡みでイントロから盛り上がっていく。ラストに配置されていても違和感が無いくらい壮大である。歌詞はとてもポジティブなもの。「何に縛られるでもなく 僕らはどこへでも行ける」と歌い上げるサビは圧巻。本当に格好良い。ライブでよく演奏されるのも頷ける名曲。


「Monster」は闇を感じさせる歌詞が展開された曲。曲はハードロックを意識して作ったようだ。終始ベースが前面に出ており、格好良いバンドサウンドである。歌詞は自らをモンスターに例えている。恋人もモンスターになっているらしい。「探していました 分かり合える人を ずっと 悲しい顔して 哀れんでくれてるんですね でも 分かります そのうち分かります あなたにも」という歌詞が印象的。全編通して心の闇をさらけ出したような歌詞である。恐らく人気が無い部類の曲だと思うが、不思議と引き込まれる。正直好きな曲である。


「未来」は先行シングル曲。「四次元 Four Dimensions」の1曲目。「よじげん」ではなく「よんじげん」と読むようだ。ポカリスエットのCMソングに起用された。曲は世間が思うがミスチルの楽曲像と言った感じのポップなもの。バンドサウンドと装飾音のバランスが取れている。そのような曲に反して歌詞はダークなイメージがある。「果てしない未来」と歌ってはいるが後半では「先の知れた未来」へと変わっている。歳をとるにつれて「未来」にも限りがあると分かってくる。悟りにも似た感情の変化が上手く描かれている。「生きてる理由なんてない だけど死にたくもない こうして今日をやり過ごしてる」という歌詞が印象的。虚無感をポップなサウンドに乗せて歌い、それをヒットさせるミスチルは流石。


「僕らの音」はここまでの流れを落ち着けるようなシンプルな曲。日清食品の「カップヌードル "NO BORDER"」のCMソングに起用されたが、短期間で放映が終わった。後にベスト盤「Mr.Children 2005-2010 〈macro〉」に収録された。ミディアムテンポのゆったりとした曲。サウンドはピアノ主体。ストリングスが後半で入ってくる。歌詞は決意表明のようなものになっている。「そうだ 理論や知識にもとづいたものじゃなくても 信じた音を奏でよう」という歌詞が印象的。何故ベスト盤にこの曲が収録されたのか疑問である。恐らく、サウンドが近年のミスチルそのものなのでこの曲が選ばれたのだろう。


「and I love you」は先行シングル曲。「四次元 Four Dimensions」の2曲目。日清食品「カップヌードル "NO BORDER"」のCMソングに起用された。シンプルなバンドサウンドが展開された曲なのだが、異様に力強さを感じさせる。歌詞は恋人への気持ちを歌ったものだが、何故かスケールが大きい感じ。シンプルなバンドサウンドのおかげで歌詞の力強さが増している。終始ボーカルは高め。「and I love you」と裏声で歌っている部分はかなり辛そう。「未来がまた一つ ほらまた一つ 僕らに近づいてる」というラストの歌詞が印象的。「僕」「君」で進んでいくが、最後に「僕ら」と変わるのが凄い。


「靴ひも」は爽やかなポップロックナンバー。バンドサウンド主体である。間奏ではネジを巻くような音が入っている。今作では珍しく歌詞が普通に掲載されているため極めて読みやすい。靴ひもも結ばずに駆け出して君に会いにいく!という純粋な恋心が歌われている。「こだわってたものみんな 誰かに譲ったっていいや 失いたくない 急がなくちゃ」という歌詞が印象的。この曲の歌詞は「衝動」を描いているのかもしれない。ボーカルは急ごうとする気持ちを抑えるような感じ。あまり力を込めて歌っていない。今作のアルバム曲の中でも好きな曲の一つ。ベスト盤に入らなかったのが不思議である。


「CANDY」はしっとりとした優しいバラードナンバー。アルバム曲ながらかなり人気が高い。サウンドはストリングスが前面に出ている。優しく美しいメロディーは聴いていてとにかく心地良い。耳の保養である。歌詞は手紙に書かれているような形で掲載されているため今作の中では読みやすい。歌詞は諦められない恋に悩んでいる男を描いたもの。「みっともないけど すべてが愛しいよ ひとり夜更けに孤独が爆発する」という歌詞が印象的。キャンディーは何の例えなのだろうか?ほろ苦いキャンディーは「君」のお陰で甘酸っぱくなった。ファン人気が高いのも頷けるような純粋なバラードである。


「ランニングハイ」は先行シングル曲。「四次元 Four Dimensions」の3曲目。映画『フライ、ダディ、フライ』の主題歌に起用された。ノリの良いポップロックナンバー。バンドサウンドだけでなく、ホーンも前面に出ている。素直にバンドサウンドだけならもっと良い曲に感じられたかもしれない。装飾音を無理やりねじ込んだ感じが否めない。歌詞はかなり散文的で難解。恐らく「息絶えるまで駆けてみよう」というのを伝えたかったのだろう。サビでは無理するなよと言いたくなるくらい高音が連発されている。うねうねしたメロディーも相まってこの曲はサビが一番印象に残る。 この曲、とにかくハイである。


「Sign」は先行シングル曲。TBS系ドラマ『オレンジデイズ』の主題歌に起用された。2012年には住友生命のCMソングに起用された。ストリングスやピアノが前面に出た、近年のミスチル王道のバラード。「しるし」以降のピアノ、ストリングスバラードを聴いてからだと、意外とバンドサウンドが目立っているのが感じられると思う。歌詞は台本を見ながら書いたため、ドラマに沿った内容になっているようだ。「ありふれた日々を大切にしよう」という旨のメッセージが込められている。サビでしっかり盛り上げるバラードである。ストリングスの使い方が上手い。ドラマの放送当時は幼かったのでおぼろげな記憶しか無いが、今思うとかなり現実離れした大学生活を描いたドラマだった気がする。曲自体は2000年代以降のMr.Childrenの代表曲だと思う。


「Door」は2分半程度の短い曲。ブルースのようなテイストの曲。「DOOR」は当初、今作のタイトル候補だったという。ボーカルの聴こえ方が独特だが、ボーカルは屋外で録音されたようだ。しっかり歌詞やボーカルがあるのだが、何故かインストのような感覚で聴いている。歌詞は恋人の部屋のドアを開けてくれと懇願する内容。最早恋人というよりはストーカーのようである。「開けて〜↑くれ〜↑」と絶叫するところは必聴。


「跳べ」は打ち込みを取り入れたポップロックナンバー。デジタルロックのテイストも持っている。歌詞は冴えない男が変わろうとする様子を描いたもの。社会風刺の要素もある。「跳べ!」と歌い上げるサビはとても爽快。「プリン体の存在を知れば 選ぶビールを変える 日本中がみんなみのもんた 生き抜く秘訣を手にしたい」という歌詞がインパクト抜群。唐突にみのもんたが出てきやがる。最初は空耳を疑ってしまった。曲自体は「Worlds end」ができるまでこの曲が1曲目の候補だったというのも頷けるような爽やかなポップロックである。


「隔たり」はしっとりと聴かせるバラード。ピアノとストリングス主体で他の音がかなり控えめである。歌詞は生々しさ漂うもの。歌詞はコンドーム型に配置されている。恋人同士が体を交わす時を描いている。コンドームを装着するか否かを話し合っているが、彼女はゴムの隔たりを嫌がり、男はそれに応じた。恋人同士の心の隔たりを超えるためには、そのままでするのが良いのかもしれない。本当の愛とは何なのだろうか?そのようなことを考えさせられる曲である。単なるエロソングではない。ある意味究極のラブソングだと言える。


「潜水」は今作のラストを飾る曲。タイトルだけ見て「また深海に戻ったのか」と思ってしまうが、全く関係は無い。深読みしがちなリスナーを皮肉っているようである。曲はサイケな雰囲気を持っている。サウンドはバンドサウンドよりも装飾音の方が目立っている。歌詞は生きていることを実感するというもの。1番では冷えたビールを出来るだけ一息で飲んでそれを実感し、2番ではプールを潜水で泳ぎ、苦しくなったタイミングで上がって生きていることを実感する。この曲には意味がありそうだが特に意味は無い。 深読みしてはそれを外される。「あぁ 生きてるって感じ」。


ヒット作なので中古屋ではよく見かける。前述の通りロック色の強いアルバム。今作以降そのようなアルバムはしばらく見られなくなる。他の作品よりもアクが強い感じだが、それが今作最大の特徴。前作「シフクノオト」のような聴きやすさはあまり無い。全体的にとっ散らかっていたり、ロックかポップスかで中途半端になっていたりする印象がある。そのためか、管理人の中では大好きな作品でもないし嫌いな作品でもないという微妙な立ち位置にある。一曲単位では好きな曲が多いのだが…

★★★★☆