【収録曲】
1.作詞作曲 シライシ紗トリ
2.9.作詞 佐原けいこ
3.作詞作曲 LOVE PSYCHEDELICO
4.作詞 小倉めぐみ
5.作詞作曲 Hi-Fi CAMP
6.10.作詞作曲 MORISHIN'S
7.作詞 スガシカオ
8.作詞作曲 市原喜康
11.16.作詞作曲 槇原敬之
12.作詞 多田琢
13.作詞 権八成裕
14.作詞作曲 島崎貴光
15.作詞 森浩美
16.中国語詞 林明陽
2.9.作曲 日比野元気
4.作曲 庄野賢一
7.作曲 川村結花
12.作曲 TAKUYA 
13.作曲 菅野よう子
15.作曲 MARK DAVIS(馬飼野康二の変名)
1.編曲 シライシ紗トリ
2.編曲 春川仁志
3.編曲 LOVE PSYCHEDELICO
4.編曲 庄野賢一
5.編曲 長岡成貢
6.10.編曲 REO
7.15.編曲 CHOKKAKU
8.編曲 ZAKI
9.編曲 宗像仁志
11.編曲 槇原敬之
12.編曲 田辺恵二
13.編曲 菅野よう子
14.編曲 島崎貴光
プロデュース 飯島美智

1.freebird ★★★★☆
2.Fine,Peace! ★★★★☆
3.This is love ★★★★☆
4.がんばりましょう ★★★★★
5.この瞬間、きっと夢じゃない ★★★★★ 
6.どうか届きますように ★★★★☆
7.夜空ノムコウ ★★★★★+2
8.オレンジ ★★★★★
9.STAY ★★★★★
10.ありがとう ★★★★★
11.世界に一つだけの花(シングル・バージョン) ★★★★★
12.ススメ! ★★★★★
13.not alone〜幸せになろうよ〜 ★★★★☆
14.はじまりのうた ★★★★★
15.オリジナル スマイル ★★★★★+1
16.世界上唯一的花(世界に一つだけの花 Chinese Version) ★★★★★

2011年8月17日発売
ビクターエンタテインメント
最高位1位 売上41.8万枚

SMAPの5thベスト。SMAPのCDデビュー20周年記念として制作、リリースされた。ジャケットは「しあわせのYELLOW-AID」と「げんきのRED-AID」の2種類。三方背BOX入り仕様でジャケットの色に沿ったハンカチが付属。2011年いっぱいの期間限定出荷だった。

今作のテーマは「みんなを勇気づけるSMAPの曲を集めたアルバム」というもの。特設サイトでファン投票が行われ、上位15曲をカウントダウン形式で(後半に行くほど順位が高くなる)収録している。「世界に一つだけの花」の中国語バージョンはボーナストラック扱い。今作がリリースされた年に東日本大震災が起こってしまったため、被災地や被災された方々を励ますような曲が多め。今作1枚の売上の中の200円が被災地に寄付された。これはジャニーズが震災復興のために立ち上げたMarching Jを通す形。

楽曲の感想については今作でアルバム初収録となる曲のみにさせていただく。「世界に一つだけの花」のシングルバージョンも今作で初収録となったが、それは省略する。


「This is love」は2010年にリリースされた45thシングル曲。フジテレビ系番組『SMAP×SMAP』のテーマソングに起用された。作詞作曲編曲をLOVE PSYCHEDELICOが担当した。デリコの曲を聴いている方ならモロにデリコっぽいのが分かるはず。マイケル・ジャクソンの「Black or White」を彷彿とさせる曲調が展開されたポップな曲。演奏を聴かせる感じでSMAPのボーカルは少し後ろで聴こえてくる印象。ラップ調で歌う部分もある。歌詞は前向きそのもの。今作で初収録となったのも頷けるような、ポジティブなメッセージが並べられている。


「ありがとう」は2006年にリリースされた40thシングル曲。草彅剛が主演を務めた関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕の歩く道』の主題歌に起用されたほか、2016年にはTBS系のリオオリンピックの中継番組のテーマソングに起用された。打ち込みが多用されたポップな曲。早口ボーカル、高音や裏声が多め、2パート同時に進んでいくなど、割と歌いにくそうな要素が詰まっている。歌詞は自分を支えてくれる人への感謝が語られたものになっている。ドラマの世界観と合っていたと思う。そこそこ知られた曲だと思っていたので、アルバム未収録だったのがとても意外だった。管理人はタイアップ元のドラマをリアルタイムで観ていたため思い入れが強い。


「not alone〜幸せになろうよ〜」は2011年にリリースされた配信限定シングル曲。香取慎吾が主演を務めたフジテレビ系ドラマ『幸せになろうよ』の主題歌に起用された。元々はCDでリリースされる予定だったが、東日本大震災が起こって電力不足や流通のことを考慮した結果、配信限定となった。今作が初CD化となる。ストリングスやホーンが多用されたポップな曲。シングル曲としては珍しくフルバンドによる演奏がされている。結婚を控えた恋人達を描いたような歌詞である。タイトル通り多幸感溢れる曲なのだが、タイアップ元のドラマは初回で脚本家が降板してしまい、そのせいでそれ以降どんどんとっ散らかっていくという奇妙なものだったらしい。それを知ると複雑な気持ちになる。


「世界上唯一的花」は「世界に一つだけの花」の中国語バージョン。バックトラックは元のバージョンそのままで、ボーカルだけ中国語に差し替えている。元のバージョンには提供者である槇原敬之コーラスが入っているが、流石にこちらには入っておらず、別人のコーラスが入っている。2011年には中国公演を行ったので、その縁で収録されたのだろう。正直このバージョンは話のネタにしかならない。メンバーのボーカルが日本語の時よりも上手に聴こえるのだが、それは気のせいだろうか?


ヒット作なので中古屋ではよく見かける…はずだったが、解散騒動以降はほとんど見かけなくなった。リリース以降しばらくは投げ売り状態だったものの、解散騒動以降はむしろプレミアがつく状態に。ちなみに、中古で見かけるのはハンカチが未使用になっているものが多い。どう使ってよいか戸惑っていたことがよくわかる。逆にハンカチの状態が悪かったり、無いものの場合、三方背BOXがベコベコになってしまいがち。ハンカチは下手にいじらない方がいいと思う。
2016年にはデビュー25周年記念ベスト「SMAP 25 YEARS」がリリースされたわけだが、何と「世界上唯一的花」を除く15曲中13曲がそちらに収録されている。他のベスト盤はバージョン違いや補完しきれない部分を補えるため価値が薄れていないが、今作だけはかなり存在価値を落としてしまった。今はまだ高値で出回っているかもしれないが、しばらくしたらまた投げ売り状態に戻るだろう。

★★★★☆