FLYING KIDS
1990-04-21

【収録曲】
全曲作詞 浜崎貴司
全曲作曲編曲 FLYING KIDS
3.作曲 飯野竜彦
8.作曲 加藤英彦
10.作曲 イギリス童謡
プロデュース FLYING KIDS

1.あれの歌 ★★★★★
2.キャンプファイヤー ★★★★☆
3.行け行けじゅんちゃん ★★★☆☆
4.ちゅるちゅるベイビー ★★★★★
5.ぼくはぼくを信じて〜満ち足りた男 ★★★★☆
6.我想うゆえに我あり ★★★★★
7.幸せであるように ★★★★★+2
8.きのうの世界 ★★★★☆
9.君が昔愛した人 ★★★★☆
10.おやすみなさい ★★★☆☆
11.あれの歌(再び) 省略

1990年4月21日発売
ビクター
最高位9位 売上4.5万枚

FLYING KIDSの1stアルバム。先行シングル「幸せであるように」を収録。今作発売後に「我想うゆえに我あり」がシングルカットされた。三方背BOX入りでデジパック仕様。

FLYING KIDSは1988年、東京造形大学の学生を中心として結成された。そして、1989年に『平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国』に出演し、3代目イカ天キングとなる。その後5週連続勝ち抜きを果たし、初代イカ天グランドキングとなった。FLYING KIDS以降のイカ天グランドキングはBEGIN、たま、BLANKEY JET CITYらがいる。

イカ天グランドキングになったことがきっかけで、FLYING KIDSはメジャーデビューを果たした。浜崎貴司のパワフルかつ独特なボーカル、浜谷淳子のユニークなコーラス、リズム隊の確かな演奏力、ファンキーな楽曲、内省的でメッセージ性の強い歌詞…どれを取っても変えの効かないファンクバンドである。

ちなみに、スガシカオはFLYING KIDSの影響を強く受けており、今作を聴いた時には「自分のやりたいことが全てやられた…」とショックを受けて一年程音楽を辞めたという。「FLYING KIDSがいるならFLYING KIDSを聴けば良いじゃん!」と思ってしまったという。スガシカオがやりたかったのは「メッセージ性の強い歌詞で鋭いファンクをやる」ということ。今作ではそれが全編を通して展開されている。


「あれの歌」は今作のオープニング曲。『いか天』で披露された曲である。オープニングから恐ろしくファンキーな曲が来る。バンドサウンド全てが一体になって圧倒的なグルーヴを作り出している。歪んだギターやうねうねしたベースライン、手数の多いドラムは聴いているだけで体が動いてしまう。日本人離れどころか人間離れしたようなワイルドさを見せる浜崎貴司のボーカルも凄い。歌詞は「あれについて考えてる」と歌うもの。「あれ」とは何なのだろうか?よく分からないが何故か引き込まれるフレーズである。FLYING KIDSの黒さを物語るような曲になっている。


「キャンプファイヤー」は勢いの良いファンクナンバー。サウンドはキーボードとギターのカッティングが前面に出ている。この曲も聴いているとつい体が動いてしまう。サビでの浜崎貴司と浜谷淳子の掛け合いも聴きどころ。歌詞はタイトル通りキャンプファイヤーについて描かれたもの。「楽しい思い出を心にいだいて 明日からつらい日々だけど心にいだいて」という歌詞印象的。ノリの良い曲調やサウンドの割に歌詞はどこか影を感じさせるものになっている。このギャップこそがFLYING KIDSの魅力である。


「行け行けじゅんちゃん」は浜谷淳子メインボーカルによる曲。作曲は基本的にFLYING KIDS名義だが、キーボードの飯野竜彦が担当した。とぼけたような声で「続いてゆくのかな 行け行け 続いてゆくのかな やだやだ」と繰り返すだけ。この曲だけは浜崎貴司もコーラスや煽りに回っている。しかし、コーラスでありながら存在感が凄い。後半になると「もう終わりだ〜!」と次を急ぐ浜崎貴司の声と「やだやだ〜」という浜谷淳子の声が混じってかなりシュールな感じになる。楽しそうな光景が浮かんでくる。割とリラックスした感じでレコーディングされたのだろうか?


「ちゅるちゅるベイビー」はハードなファンクナンバー。パワフルなスラップベースとクラビネットのような音が前面に出ている。一発一発が力強いドラムも凄い。タイトルからして意味不明だが、歌詞を見る限りだとストレートなラブソングである。「君と一緒に死ねたらいいのに」というフレーズがインパクト抜群。唐突にこのフレーズが飛び出して来る。とにかくサウンドがファンキーで格好良い。それだけでもハマれる曲。


「ぼくはぼくを信じて〜満ち足りた男」は長尺なファンクナンバー。前の曲から繋がって始まる。7分近い曲である。ミディアムテンポのシャッフルビートによる曲。歌詞はFLYING KIDSらしく内省的な雰囲気を持ったもの。「鏡にうつる姿を悔やむこともあるけど 真に慎ましく一人でたそがれることもあるけど」という歌詞が印象的。ラスト2分くらいからはほぼギターの演奏のみになる。しかし、様々な表情を見せるギターサウンドであり、聴いていて飽きることは無い。それだけバンドのギタリストの演奏力が良いのだろう。


「我想うゆえに我あり」は今作発売後にシングルカットされた曲。コールアンドレスポンスのくだり等、ライブテイクのような演出がされている。アルバムのクレジット欄を見ると「録音場所 日本キリスト教団 松沢教会」とあるのでそこでのライブ音源なのかもしれない。聴き手の耳を抉ってくるようなグルーヴを持ったハードなファンクナンバー。イントロのキーボードから何かが始まる予感を感じさせる。そこからバンドサウンドが流れ込む瞬間は鳥肌が立つこと必至。浜崎貴司のアクの強い歌声がこれ以上ない程この曲の世界観を構成している。歌詞はモヤモヤした気分を吹き飛ばしてくれるようなものになっている。「すかしたやつらが笑ってる いい気になって笑ってる そんなやつらにこぶし振り上げるのもいいだろう」という歌詞が印象的。


「幸せであるように」はデビューシングル曲。シングルバージョンとは異なり、尺がかなり7分近くまで伸びている。シンセによるアウトロが加えられている。『いか天』でも演奏された曲。ここまでの流れをぐっと落ち着けるバラードナンバー。ソウルやファンクのテイストを持ちつつも、ポップで親しみやすい曲になっている。シンセによるホーンの音がフィーチャーされている。ジャジーな味わいを持ったギターの音色が美しく、この曲を彩っている。間奏のギターソロは聴く度に鳥肌が立ってしまう。この曲は歌詞も素晴らしい。タイトル通り、大切な人の幸せを願う内容。「別れはつらくて でもみんな愛し合うのに 涙がなんでこぼれ落ちるのかな」という歌詞が印象的。"魂がこもっている"という言葉以外出てこないような浜崎貴司のボーカルにはただただ聴き惚れるのみ。シングルバージョン、今作収録のバージョンのどちらも素晴らしいのだが、長いアウトロがあるこちらの方がより感動的。聴く度に圧倒されるようなバラードであり、FLYING KIDSの最高傑作だと思っている。


「きのうの世界」は明るい曲調が心地良いポップな曲。作曲はバンドのギタリストを務める加藤英彦が担当した。涼しげなアコギの音色が前面に出ている。この曲の歌詞も影を感じさせるものになっている。「迷えるぼくに光を与えてほしい きのうの世界はもう来ないから ささやかな勇気がわいてくれたら」という歌詞が印象的。「幸せであるように」からの繋がりが素晴らしい。この曲単体で聴くよりも今作を通して聴く方が良い曲だと感じられると思う。


「君が昔愛した人」はキレの良いファンクナンバー。鋭いギターのカッティングとパワフルなドラムが前面に出ている。歌詞はタイトル通り、彼女の昔の恋人について歌っている。「時が過ぎていつかきっと それは美しく輝いてしまう それでもぼく達はたくさんのあふれんばかりの思い出をかならず高くつみあげてみせる」という歌詞が印象的。優しい雰囲気を持った歌詞の割に、サウンドは熱苦しいファンク。このギャップがたまらない。


「おやすみなさい」はイギリス民謡のカバー。この曲もライブテイクのような演出がされている。教会でレコーディングされているためか、パイプオルガンの音が前面に出ている。どの曲のカバーなのかは知らないが、浜崎貴司が作詞し、FLYING KIDSで編曲しているので原曲の味はほぼ残っていないと思われる。アルバムの終わりを告げるような曲になっている。タイトル通り1日の終わりに聴きたくなるような優しさを持っている。


「あれの歌(再び)」は今作のラストを飾る曲。35秒程度の短いリプライズ。静かに終わるかと思えば熱苦しく激しいファンクがほんの少し入る。ファンキー過ぎてアルバムを振り返る余韻すら残さない。またもう一周聴きたくなることだろう。


ヒット作ではないが中古屋ではよく見かける。全編通して激しいファンクを楽しめるアルバムとなっている。終始曲間を取らずに繋がっていくような構成も素晴らしい。スガシカオが衝撃を受けて音楽活動を一時休止したというのも頷けるような名盤。FLYING KIDSはファンクバンドとしてよく語られるが、実は本格的にファンクをやっていた作品は今作や次作くらいのもの。後のポップバンドとしてのFLYING KIDSも大好きだが、管理人はファンクバンドとしてのFLYING KIDSの方が好きである。そのため、 今作はファンクバンドとしての彼らの勇姿を楽しめる数少ない作品である。1stを最高傑作と称するのも難だが、「我思うゆえに我あり」や「幸せであるように」を聴くとそう考えざるを得ない。

★★★★★