岡村靖幸
2012-02-15

【収録曲】
全曲作詞作曲 岡村靖幸
7.作詞 有賀啓雄
11.作詞 戸沢暢美
1.11.編曲 岡村靖幸
2.4.8.編曲 清水信之
3.5.9.10.編曲 岡村靖幸・西平彰
6.編曲 岡村靖幸・横田龍一郎
7.編曲 有賀啓雄
プロデュース 岡村靖幸

1.19(nineteen) ★★★☆☆
2.Super Girl ★★★★☆
3.生徒会長 ★★☆☆☆
4.Lion Heart ★★★★☆
5.いじわる ★★★★★
6.DATE ★★★★☆
7.どうかしてるよ ★★★★☆
8.うちあわせ ★★★☆☆
9.不良少女 ★★★☆☆
10.イケナイコトカイ ★★★★★
11.19才の秘かな欲望 ★★★☆☆

1988年3月21日発売
1991年9月30日再発
2012年2月15日再発(リマスター、Blu-Spec CD仕様)
EPIC/SONY RECORDS
最高位42位 売上不明

岡村靖幸の2ndアルバム。先行シングル「イケナイコトカイ」を収録。今作発売後に「Super Girl」がシングルカットされた。前作「yellow」からは丁度1年振りのリリースとなった。

前作は1stということもあってか、楽曲やアレンジが固い印象があったものの、今作では岡村靖幸ならではの変態的な世界観が炸裂した曲が並んでいる。単独で編曲を行なった曲は少なく、前作同様に西平彰との共同による編曲がメイン。しかし、前作とは比べ物にならないほどサウンド面で変貌を遂げている。勝手な予想で申し訳ないが、前作のアレンジは西平彰が主導で、今作は岡村靖幸が主導になったのではないだろうか?そう疑いたくなるほどである。

今作は濃厚なファンクが展開されたアルバムとなっている。今作は岡村靖幸にとっての出世作と言える。発売後には「和製プリンス」と称されることとなる。とはいえそれは蔑称に近い感じ。真の岡村靖幸流のファンクが姿を現わすのはもう少し先。

今作のタイトルに使われた「DATE」のフレーズは岡村靖幸を語る上で欠かせないものである。ファンクラブの名前に使われているほか、岡村靖幸のライブの呼び名にもなっている。岡村靖幸ファンが「DATEに行く」と言ったら、大抵の場合は「岡村靖幸のライブに行く」という意味になる。


「19(nineteen)」は今作のオープニング曲。今作の中では数少ない、岡村靖幸単独による編曲がされた曲。3分少々の比較的短い曲。アコギが主体となったバンドサウンドで構成されている。前作よりもアクの強いボーカルを披露しており、そこからも進化がうかがい知れる。歌詞はシンプルなラブソング。青春時代ならではの感情を絶妙に描いたものになっている。「サイダーの様です 愛がこぼれ流れる様は」という歌詞が印象的。サウンド面では、シンセを使っていないためか古臭さを感じないものになっていると思う。この曲に関してはプリンスというよりもジョージ・マイケルの「Faith」からの影響を強く感じさせる。


「Super Girl」は今作発売後にシングルカットされた曲。アニメ『シティーハンター2』のエンディングテーマに起用された。編曲は清水信之が行なった。シンセが多用されたいかにも1980年代なポップスになっている。アニメタイアップが大きかったためか、岡村靖幸の楽曲の中では比較的知名度が高い部類にある。歌詞は「Super Girl」に言い寄るような内容のもの。「俺ほどの男は そうはないはずさ」と臆面もなく言い放っている。流石は岡村靖幸。普通だったら気持ち悪くなってしまうが、極めて爽やかなメロディーとサウンドに乗せてサラッと歌い上げている。岡村靖幸の王道と言える詞世界を持った曲だが、あまりにもアクが無さ過ぎて違和感がある。


「生徒会長」はノリの良いダンスナンバー。チープなシンセサウンドが前面に出ている。やたら楽しげな曲調が特徴的。岡村靖幸のボーカルもそれにつられるようにノリノリ。女性コーラスが割と目立っているのも特徴。歌詞は生徒会長に文句を言うようなものになっている。かなり散文的な歌詞なので正直何を言っているかはあまり分からない。ただ、語感が異様に良い。この曲の聴きどころは後半。激しいギターサウンドとシンセが絡み合う部分は中々格好良い。しかし、今作の中では地味な印象が否めない。


「Lion Heart」はしっとりと聴かせるバラードナンバー。セレクションアルバム「早熟」にはこの曲のリアレンジバージョンが収録された。サウンドは冷たいシンセの音色が前面に出ている。岡村靖幸にしては珍しい程淡々としたメロディーで、歌詞とぴったり合っている。歌詞から作っていったのではと思うくらい。歌詞は別れた恋人に対して語りかけるような感じのもの。復縁をしたいが、その勇気も無いというモヤモヤした男の感情がよく描かれている。「この僕もあの日から 傘さえも開けない」という歌詞がインパクト抜群。よく意味が分からないが、自分が大好きなことはよく伝わってくる。


「いじわる」はここまでの流れを変えるような濃厚なファンクナンバー。後に「早熟」に収録された。ギターサウンドとチープなシンセが絡み合うサウンドはプリンスのそれを感じさせる。歌詞は岡村靖幸ならではの変態かつナルシストな世界観が炸裂している。「ユカ」に言い寄る内容の歌詞である。「愛されていたいならば 靖幸に Bedでのlove song」というサビの歌詞は悪い意味で鳥肌もの。自分の名前を堂々使っている。後半ではセリフも入っている。今にも行為をしそうな雰囲気が漂っている。実に気持ち悪い。気持ち悪いのに格好良い。そのギャップに腹が立ってしまう。岡村靖幸特有のねっとりとしたファンクの原点と言える名曲。ファンを名乗るなら通過しなければならない。


「DATE」は今作のタイトル曲。壮大なストリングスをバックにぼそぼそと語るところから始まる。そこからバンドサウンドが流れ込む。他の曲と比べるとボーカルが潰れている感じ。意図的にそのような感じで歌っているのだろうが、普通に歌った方が良いように感じてならない。歌詞はこれまた変態な世界観を持ったもの。特に序盤の語りの部分は気持ち悪い。「どんなに愛しているか 今夜見せてあげるよ 今夜 今夜はぼくらに何ができるか 研究してみようよ」という台詞は聴いているとゾッとしてしまう。リスナーを相手に言葉攻めするアーティストはかつていただろうか?しかし、この曲最大の謎は終わり方。ファンキーなスラップベースが入ってきたと思ったら、プツリと途切れて無音になる。違和感も凄いがそれ以上に恐怖感が勝る。何ともモヤモヤした曲である。


「どうかしてるよ」は今作発売後にシングルカットされた「Super Girl」のC/W曲。ピアノとアコギが主体になったしっとりとしたバラード。作詞は有賀啓雄が担当した。様々なアーティストの楽曲の作曲や編曲を手がけてきた有賀啓雄だが、作詞を担当するのはかなり珍しい。岡村靖幸の書く詞に頑張って近付けたような雰囲気を感じ取れる。好きな人に告白できずにいる男の感情を描いたものになっている。「真夜中の街は今日だけ君を隠してる」というフレーズが印象的。「どんなに酔っていても告白できない」という性分の岡村靖幸を描いているようにも感じられる曲である。


「うちあわせ」は派手な音作りがされたポップな曲。編曲は清水信之が担当した。シンセが多用されており、キラキラした派手なサウンドである。歌詞は男女が口喧嘩している様子を描いている。冷戦時代だったため、それが感じられる部分もある。「君がロシアで 僕がたぶんアメリカ 恋の平和条約 とても冷たい戦争 女って 厄介もんだ!!」という歌詞が顕著。例えにしろスケールが大き過ぎな気もするが…後に見られる社会派な詞世界を持った曲の原点と言えるかもしれない。


「不良少女」は爽やかなメロディーが心地良いポップな曲。笛のような音色やブラスバンド風のドラムが使われたイントロは中々にインパクトがある。岡村靖幸にしては異質なくらい爽やかでアクが無い。本当に「いじわる」を歌っている人と同じなのか?と思ってしまう。歌詞はタイトル通り不良少女について語られているもの。不良というよりはスケバンと言った方が近いかもしれない。そんな少女を批判するのではなく、理解して擁護している。「友達は君のこと不良だと決めつけている 僕はそうは思わない「わかって」と誰よりも泣いてるはず」という歌詞が顕著。岡村靖幸の優しさをうかがい知れる曲となっている。あまりに爽やか過ぎて今作の中では浮いてしまっている印象。


「イケナイコトカイ」は先行シングル曲。ストリングスが効果的に使われた壮大なバラードナンバー。シンプルなバンドサウンドがさらに曲に力強さを与えている。そのような重厚なサウンドに負けない、全身から絞り出したような岡村靖幸のボーカルが何よりもこの曲を彩っている。歌詞は直球な愛の言葉を並べたもの。「いけないことかい?傷ついても二度とはもう離したくない」というサビの歌詞が印象的。ここまでソウルフルなバラードもそうはないだろう。岡村靖幸の屈指の名バラードとして評価されるのも頷ける。


「19才の秘かな欲望」は先行シングル「イケナイコトカイ」のC/W曲。渡辺美里に提供した曲のセルフカバー。渡辺美里バージョンは「Lovin' you」に収録されている。作詞は戸沢暢美が担当した。曲の最初と最後にライブの歓声が入っているのが特徴。曲はパワフルなロックナンバー。力強くもシリアスなサウンドが展開されている。歌詞はタイトル通り、19才の少女の率直な欲望が語られたものになっている。何故この曲をセルフカバーしたのかは分からないが、割と合っていると思う。今作は最初と最後を「19」がつく曲に揃えている。何らかの意図があるのだろうか?


中古屋ではたまに見かける程度。現在ではリマスター盤が出回っているのでそちらを聴くことをおすすめする。上手くまとまっていた印象の前作からは打って変わって、「変態」「ナルシスト」と言った岡村靖幸ならではの世界観が姿を現し始めた作品である。実質的なデビュー作と言っても良いだろう。とはいえ本領を発揮したわけではない。次作以降はさらに気持ち悪さを増しているのでそちらも必聴。

★★★★☆