【収録曲】
全曲作詞 YUKI
1.作詞作曲 日暮愛葉
2.作曲 Andy Sturmer
3.作曲 YUKI
4.作曲 ナンバキイチロウ
5.作曲 松浦友也
6.作詞 YUKI、Caravan 
6.作曲 Caravan 
7.作曲 田中ユウスケ
8.作詞作曲 蔦谷好位置
9.作詞 YUKI、蔦谷好位置
9.10.11.12.13.14.16.作曲 蔦谷好位置
15.作曲 mugen
1.編曲 日暮愛葉
2.編曲 Andy Sturmer・John Fields
3.編曲 YUKI・湯浅篤
4.編曲 YUKI & PRISMIC YUKI BAND
5.6.編曲 會田茂一
7.編曲 田中ユウスケ
8.編曲 湯浅篤
9.編曲 田中ユウスケ・湯浅篤
10.11.編曲 蔦谷好位置
12.編曲 島田昌典
13.編曲 田中隼人
14.編曲 玉井健二・湯浅篤
15.編曲 YUKI・玉井健二・湯浅篤・mugen
16.編曲 YUKI・TAKIBIE
プロデュース YUKI

1.the end of shite ★★★★☆
2.プリズム ★★★★☆
3.66db ★★★★☆
4.スタンドアップ!シスター ★★★★☆
5.センチメンタルジャーニー ★★★★★
6.ハミングバード ★★★★☆
7.Home Sweet Home ★★★★☆
8.ハローグッバイ ★★★★☆
9.JOY ★★★★★
10.長い夢 ★★★★★
11.ドラマチック ★★★★★
12.歓びの種 ★★★★☆
13.メランコリニスタ ★★★★★
14.ふがいないや ★★★★★
15.星屑サンセット ★★★★★
16.ビスケット ★★★★★

2007年10月3日発売
2009年9月2日発売(Blu-Spec CD)
エピックレコードジャパン
最高位1位 売上36.2万枚

YUKIの1stベスト。ソロデビュー5周年記念として制作、リリースされた。初回盤は白か黒で選べる三方背BOX入り仕様、48ページの上製本、DVDが付属する。

今作はソロデビューから当時の最新シングルまでを網羅したシングルコレクション。2012年にはソロデビュー10周年記念として今作の続編と言えるベスト「POWERS OF TEN」がリリースされる。

単純にシングルを並べただけの選曲ではあるが、楽曲の変遷がよく分かる形となっている。ソロデビューシングル「the end of shite」こそJUDY AND MARY時代を彷彿とさせるロックナンバーだが、それ以降はおおよそシングル曲とは思えないような少し地味な感じの曲が並ぶ。しかし、蔦谷好位置がメインで関わるようになった「ハローグッバイ」辺りから、YUKIの独特な歌声を生かした可愛らしいポップスという印象の楽曲が増えていく。ソロとしてのYUKIの進路を見つけたような感じだろうか?段々ヒットシングルも増えていくため、 後半は自然と耳に残るような楽曲が並んでいる。後半に収録されている楽曲の評価が特に高くなっているのはそのため。

楽曲の感想は今作が初収録となる曲だけにさせていただく。


「ビスケット」は2007年にリリースされた配信限定シングル曲。NTT DoCoMo「N904i」のCMソングに起用された。今作にはボーナストラックという扱いで収録されている。そのためか、続編と言えるベスト「POWERS OF TEN」には今作収録曲の中ではこの曲のみ収録されていない。ポップながらもどこか切ないメロディーが心地良い曲。歌詞は「恋は脆くて壊れやすい」ということをビスケットに例えて語ったもの。「私があなたを好きな理由 100個以上 正座して もっと言えるから」という歌詞が好き。聴いているとテンションが上がる。 この曲を聴くためでも手に取る価値はある。


そこそこ売れた作品なので中古屋ではよく見かける。今からYUKIの曲をサッと復習したいなら今作がおすすめ。「POWERS OF TEN」よりも手軽に入手できると思う。今作は「POWERS OF TEN」に取って代わられた印象が強いが、入手の手軽さや「ビスケット」が聴けるという点ではまだ価値を失っていない。JUDY AND MARY時代とはまた違った良さがあるので、是非聴いてみてほしい。

★★★★☆