浜田省吾
1999-09-29


【収録曲】

全曲作詞作曲 浜田省吾

1.作曲 浜田省吾、水谷公生

全曲編曲 水谷公生

プロデュース 鈴木幹治


1.OCEAN BEAUTY 省略

2.マイホームタウン ★★★★★

3.パーキング・メーターに気をつけろ! ★★★★☆

4.ロマンスブルー ★★★☆☆

5.恋に落ちたら ★★★★☆

6.愛しい人へ ★★★★☆

7.DJお願い! ★★★☆☆

8.バックシート・ラブ ★★★★☆

9.さよならスウィート・ホーム ★★★★☆

10.凱旋門 ★★★★☆

11.僕と彼女と週末に ★★★★★


1982年11月21日発売

1990年6月21日再発

1999年9月8日再発(リマスター盤初回盤)

1999年9月29日再発(リマスター盤通常盤)

CBSソニー(オリジナル盤)

ソニーレコード(1990年盤)

クリアウォーター(1999年盤)

最高位4位 売上10.3万枚(LP)

最高位9位 売上5.7万枚(CT)

最高位27位 売上1.5万枚(1999年盤)


浜田省吾の8thアルバム。今作と同日にシングル「マイホームタウン」がリリースされた。前作「愛の世代の前に」からは1年2ヶ月振りのリリースとなった。


今作は1980年リリースの「Home Bound」、1981年リリースの「愛の世代の前に」と続いてきた3部作の最後を飾る作品。社会派な詞世界を持った曲が並んでいるのが特徴。「FLAMMABLE」と書かれた核弾頭の前に立つ浜田省吾という構図のジャケ写は反核の思想がよく現れたものだと思う。「約束の地」というタイトルは「地球」のことだという。


今作は浜田省吾の自信作である。「父の棺の中に入れた」と語るほど。1996年に「青空の扉」をリリースするまでは最高傑作と評価していたという。ちなみに、Mr.Childrenの桜井和寿は今作に強い影響を受けており、Bank Bandで「マイホームタウン」と「僕と彼女と週末に」をカバーしている。



「OCEAN BEAUTY」は今作のオープニングを飾るインスト曲。2分程度の小曲。作曲には水谷公生も関わっている。浜田省吾以外が作曲に参加した曲はキャリアを通しても少ない。「OCEAN」というタイトルからも察しがつくように、イントロには波の音が入っている。メロディーがソ連国家に似ているらしい。聴き比べたことはないので何とも言えない。



「マイホームタウン」は今作と同日にリリースされたシングル曲。前の曲からは繋がって始まる。どこか不穏な雰囲気を感じさせるメロディーが展開されたロックナンバー。バンドサウンドだけでなく、シンセで脇を固めた隙のないサウンドは絶品。歌詞は「希望ヶ丘ニュータウン」を舞台にしている。恐らく架空の街なのだろうが、実在しそうな名前である。誰もがその街を出ていくことを望んでいる。歌詞を見ていると、殺伐とした暗い街なのが何となく分かる。経済的には豊かになっているのかもしれないが、そこに住む人々の心は貧しいまま。今でも説得力のある曲だと思う。



「パーキング・メーターに気をつけろ!」は疾走感のあるロックナンバー。シンセの音色が前面に出たサウンドが展開されている。前の曲「マイホームタウン」では女性がナイフで襲われるシーンが描かれているが、この曲ではそのシーンをさらに拡大し、女性を刺してしまった男性の立場で語られている。女性が他の男と腕を組んで街を歩いているのを見てしまったようだ。しかし、「おれの胸を 撃ち抜いてくれ」「どうか あの娘を助けて」と語られているので反省はしているようだ。嫉妬の感情の恐ろしさを教えてくれるような歌詞だと思う。 この曲だけ聴くのではなく、「マイホームタウン」と繋げて聴くべき。



「ロマンスブルー」はここまでの流れを落ち着けるようなバラードナンバー。キーボードが前面に出たしっとりとしたサウンドで聴かせる。間奏のサックスソロは哀愁に満ちており、曲を渋く飾っている。歌詞は別れた彼女を今も愛し続けているという男性を描いたもの。この男性をいつまで経っても切り替えができない人と思うか、ただただ優しい人と思うかは聴き手によるだろう。管理人は切り替えができない人だと思ってしまった。管理人と同じことを考えた方は恐らくこの曲には共感できないはず。サウンドは好きなのだが、歌詞は…と言ったところ。



「恋に落ちたら」はシングル「マイホームタウン」のC/W曲。比較的明るい曲調のバラードナンバー。編曲を担当した水谷公生の自信作のようだ。キーボードが前面に出たサウンドで聴かせる。歌詞はシャイな性格の青年と少女の恋を描いたもの。二人とも内気な性格のようだ。想いを相手に言いだすことができずに、悶々としている様子が浮かんでくるような繊細な心理描写がされている。その想いは昂ぶるばかりなのだろう。浜田省吾のラブソングには内気な性格の男性が主人公となったものが多い。もれなくこの手のラブソングは大好きである。



「愛しい人へ」はゆったりとした曲調のバラードナンバー。この曲もシンセが主体となったサウンド。無機質なようでいて、思いの外温かみのあるサウンドとなっている。歌詞はタイトル通りのストレートな愛の言葉が並んでいる。人によっては聴いているだけで恥ずかしくなるかもしれない。管理人もこの曲を歌うのは憚られる。「君を この手に 抱きしめた時 初めて 誰の為に 僕が 生まれて来たのか わかった」という歌詞は直球そのもの。この曲を歌うにふさわしい相手に出逢った時に歌うことをおすすめする。



「DJお願い!」は1分半程の小曲。ドゥーワップが前面に出た、コーラスワークの凝った曲。まるで山下達郎の楽曲のようである。RCCの『ミュージック・スクランブル』というラジオ音楽番組のメインテーマ曲を基にして作られたという。この番組のDJだった一松真佐子アナをイメージしているようだ。ここまでの流れを変えるような明るい曲である。



「バックシート・ラブ」はブラックミュージック色の強い曲。2分と少しの小曲。ホーンとベースが前面に出たサウンドはとても楽しげ。歌詞は夜中に彼女と抜け出して遊ぶ少年を描いたもの。兄貴の車で二人きりドライブするようだ。彼女とドライブする場面は前の「DJお願い!」でも登場していた。「夜が明けるまで走ろう」と言いつつも、「もう2時だぜ」と慌てる辺りには青臭さを感じさせる。その表現がラストでは「いつか二人きり夜が明けるまで走ろう」と変わるのは上手いと思う。短めの曲ではあるが、聴きどころが多いので飛ばすのは勿体無い。



「さよならスウィート・ホーム」はノリの良いロックンロールナンバー。バンドサウンドとホーンが絡むサウンドは聴いていてとても心地良い。「DJお願い!」→「バックシート・ラブ」→この曲は歌詞がストーリーとして繋がっているのが特徴。この曲の歌詞は高校を卒業して結婚したが、すれ違いによって別れてしまう様子が描かれている。彼女はデパートで働き、主人公の青年は町工場で働いていた。訳のわからない苛立ちに襲われて二人の心は引き裂かれてしまった。切ない詞世界なのに明るい曲調やサウンド。それは切なさを増幅させてくるようである。この曲も、今作を通して繋げて聴くのが良いと思う。



「凱旋門」は重厚なバラードナンバー。淡々としたバンドサウンドをバックに、しっとりと歌い上げるボーカルが素晴らしい。歌詞は幾つもの夜を越えて恋人の元に戻って来たという男性を描いている。自らを「戦い疲れた兵士」と例えている。「愛はいつも 悲しみだけを君のもとに残してきたけど もう泣かないで 僕は君だけのもの」という歌詞が印象的。歌詞だけ見ると、「ロマンスブルー」の続編とも考えられるかもしれない。隠れた名バラードだと思うが、今作だけで埋もれてしまっているのが残念。バラードセレクションシリーズにすら収録されていない。



「僕と彼女と週末に」は今作のラストを飾る曲。実に9分近くに及ぶ大曲。後にベスト盤に収録された際には12分くらいまで伸ばされた。力強いロックナンバー。歌詞は「君を守りたい」というフレーズからラブソングだと思ってしまうが、壮大なメッセージが込められた詞世界となっている。間奏の語りでは、恋人たちがドライブに出かけ、何気なく海で泳いだら吐き気がした…というストーリーが入っている。管理人は反原発のメッセージソングだと解釈している。日本では大変な原発の事故が起こり、今でもなお苦しめられている。そのような現在だからこそ、 この曲のメッセージはさらに力を増しているように感じる。曲としてはリメイクバージョンよりもコンパクトなこちらの方が好印象。



CDでは1990年盤が最も出回っていると思われる。リマスター盤はあまり見かけない印象。政治や社会問題について語られた曲が多く、かなり社会派な内容の作品となっている。しかし、全編通して重苦しい作風かと言われるとそうでもない。ラブソングも中に含まれており、そのラブソングが今作の良いアクセントとなっている。次作以降は社会派ソング+ラブソングの2本立てによる作品が増えていく。メッセージ性と確かな完成度を併せ持った作品だと思う。


★★★★☆