スピッツ
2002-10-16

【収録曲】
全曲作詞作曲 草野正宗
11.作曲 三輪徹也
全曲編曲       スピッツ
6.スピッツ with 長谷川智樹
プロデュース  スピッツ&高橋信彦

1.惑星のかけら ★★★★☆
2.ハニーハニー ★★★★☆
3.僕の天使マリ ★★★☆☆
4.オーバードライブ ★★★☆☆
5.アパート ★★★★★
6.シュラフ ★★★★☆
7.白い炎 ★★★★☆
8.波のり ★★★★☆
9.日なたの窓に憧れて ★★★★☆
10.ローランダー、空へ ★★★☆☆
11.リコシェ号 省略

1992年9月26日発売
2002年10月16日発売(リマスター盤)
2008年12月17日発売(2002年盤SHM-CD)
ポリドール(オリジナル盤)
ユニバーサルミュージック(再発盤)
100位圏外 売上不明

スピッツの3rdアルバム。先行シングル「惑星のかけら」を収録。今作発売後に「日なたの窓に憧れて」がシングルカットされた。前作「名前をつけてやる」からはミニアルバム「オーロラになれなかった人のために」を挟んで約10ヶ月振りのリリースとなった。タイトルは「ほしのかけら」と読む。

今作はストリングスやホーンが多用されたミニアルバム「オーロラになれなかった人のために」の反動なのか、オルタナロックやグランジの色が強い歪んだギターロックが前面に出た作品となっている。これまでのオリジナルアルバム2作と比べても格段に重厚なサウンドへと変貌した。

売上の面では、今作もチャート100位圏外を記録することになってしまった。次作以降は笹路正徳との共同プロデュース体制になるので、事務所社長の高橋信彦とのプロデュースは今作が最後。次作は時間がかかったものの、チャート入りを果たしたのでチャート圏外を記録した作品も今作が最後である。


「惑星のかけら」は先行シングル曲にしてタイトル曲。イントロから歪んだギターサウンドが炸裂したハードロックナンバー。そのサウンドはとてもシングル曲とは思えない。売れることは一切考えていなかったのだろう。サウンドだけでなく、歌詞もひねくれている。「君から盗んだスカート 鏡の前で苦笑い」というフレーズが顕著。盗むだけでなく、履いている。まさに変態である。しかし、そのような変態なフレーズも激しいギターサウンドにかかれば全く気にならない。格好良さと気持ち悪さを兼ね備えた、初期スピッツのロックナンバーの到達点と言えるような存在の曲である。


「ハニーハニー」は今作の中では比較的ポップな曲。ポップなメロディーを彩るのは荒々しさを感じさせるバンドサウンド。普通のアルバム曲という立場かもしれないが、今作はスピッツにとって歴史的な曲と言えるかもしれない。何故なら、この曲ではスピッツとして初めて英語詞が使われているからである。このことは草野にとっても苦渋の決断だったようで、「踏み絵を踏むような気持ち」だったと語っているほど。とはいえ、英語が入っても草野の書く詞世界の魅力である日本語の美しさが崩れることはなかった。明るい曲調なのにどこか闇を感じるのは今作ならでは。


「僕の天使マリ」はカントリーテイストの曲。バンジョーが前面に出たサウンドになっている。草野曰く「ジッタリン・ジンに影響されて作った」とのこと。とても軽快な曲調なので、聴いていて楽しくなれる。歌詞は「マリ」へのラブソング。「僕のマリ もうどこへも行かないで」と堂々歌い上げている。恐らくマリという名前のスピッツファンはこの曲が大好きだろう。むしろ女の子にマリとつけた、つけるつもりだという方もいらっしゃるかもしれない。隠れた人気曲の一つだと思っている。


「オーバードライブ」は再びのハードロックナンバー。歪んだギターサウンドが前面に出たサウンドが非常に格好良い。ハードながらもキャッチーなギターリフが特徴的。終始激しい曲調で進むのかと思えば、終盤になると何故かサンバのリズムが登場する。独特なコーラスも入ってくる。歌詞は散文的で意味がよく分からない。「こっちへおいでよ かかっておいでよ 美人じゃないけど 君に決めたのさ」という歌い出しの歌詞がインパクト抜群。歌詞も曲調も訳が分からないのだが、その雰囲気に不思議と引き込まれる。


「アパート」はここまでの流れを落ち着けるようなポップナンバー。終始流れている涼しげなギターの音色はまさに世間が思うスピッツの楽曲像と言ったところ。曲はアマチュア時代の代表曲「泥だらけ」が元になっているとされているが、どうやら原型はほぼとどめていないようだ。歌詞は失恋について描かれている。「そう 恋をしていたのは 僕のほうだよ 枯れていく花は置き去りにして いつも わがまま 無い物ねだり」という歌詞が印象的。切ない歌詞なのだが、サウンドやメロディーは爽やかでポップ。そのギャップがたまらない。今作の中では浮いているくらいポップなのだが、この曲が一番好き。


「シュラフ」はホーンが使われたロックナンバー。ミニアルバム「オーロラになれなかった人のために」に参加した長谷川智樹が編曲に参加している。サウンドは、ミニアルバムの作風にバンドサウンドを強めたようなイメージ。歌詞は闇(病み)を感じさせるようなもの。何もかも滅びるほどに疲れ果てた挙げ句、世界を「ダークブルー」と表現してしまっている。そして、「不思議のシュラフ」で運ばれる。詳細な描写を一切取り除いたような詞世界なので解釈のしようがない。ダウナーな気分に浸りたい時には不思議とこの曲が沁みてくる印象がある。


「白い炎」は爽快なポップロックナンバー。曲の随所には手拍子も入っており、どこか楽しげな雰囲気がある。ポップなメロディーもスピッツのバンドサウンドにかかれば途端に格好良くなってしまう。バンドマジックというものだろうか?歌詞はタイトル通り「白い炎」について描かれている。意味は分からないがノリはいい。「GAS」というフレーズが登場するが、歌詞カードには「GAS」と書かれたタンクローリーの絵で表現されている。アートワークにも力を入れているスピッツならではの遊び心である。


「波のり」は爽やかなポップロックナンバー。元々は「マーメイド」を収録する予定だったが、結局この曲に落ち着いたという。サーフロック的な味わいのあるサウンドとなっており、ベンチャーズを彷彿とさせる演奏もある。歌詞は確かに夏や海を想起させるようなフレーズが多用されているのだが、何よりもインパクトが強いのは歌い出し。最早紹介するのすら憚られるレベル。各自で調べていただきたい。ど直球な下ネタすらかなり薄めてしまうメロディーやサウンドはやはり素晴らしい。


「日なたの窓に憧れて」は今作発売後にシングルカットされた曲。今作の中では比較的ポップで聴きやすく、収録曲の中からシングルカットするとしたらこの曲だろうなという感じがする。バンドサウンドも主張しているのだが、それ以上にピッポッパッポッと鳴り続けているシーケンサーの音の方がインパクト抜群。最早サビよりもキャッチーである。歌詞は当時陽の当たらない部屋に住んでいたという草野正宗の心情がよく表現されたものになっている。歌詞全体としては引きこもりの男の片想いのような感じ。いかにも初期スピッツと言った感じの趣がある詞世界。鬱屈した詞世界を包み込むようなピッポッパッポッの音色に癒される曲である。


「ローランダー、空へ」は重厚なロックナンバー。タイトルの「ローランダー」は「低地に住む人」という意味がある。割とゆったりとした曲調で聴かせる。ヘビーなギターサウンドは耳をつんざくようである。歌詞はローランダーが空へ飛んでいく様子を描いたもの。その行き先は「棕櫚の惑星(ほし)」だという。何かの神話を聞かされているかのような壮大なスケールがある歌詞である。どっしりとしたサウンドも相まって、かなり重い曲になっている印象がある。アルバムのほぼラストを飾るにふさわしい貫禄がある曲だと思う。


「リコシェ号」は今作のラストを飾るインスト曲。作曲は三輪徹也が担当した。元々は歌モノにするつもりだったようだ。インストとは言っても「ゴーゴーゴーリコシェ」という草野の歌声が入っている。勢い溢れるバンドサウンドと浮遊感のあるシンセの音色が絡むサウンドはとても格好良い。「ローランダー、空へ」がラストでも良かったと思うが、余韻すら残さないような勢いのあるこの曲をラストに据えた方が中毒性がある印象。


あまり売れた作品ではないので中古屋ではたまに見かける程度。現在ではリマスター盤が出回っているのでそちらを聴くことをおすすめする。現在に至るまでのスピッツの作品の中でもトップクラスでロック色が強い。「フェイクファー」や「ハヤブサ」辺りが好きな方ならまずハマれる作品だろう。スピッツ=ポップで爽やかな曲というイメージで定着している方には中々馴染みにくいと思う。ひねくれた雰囲気溢れる轟音ロックがたまらない。一見とっつきにくいようだが、アクの強さがクセになる作品。

★★★★☆