スピッツ
2002-10-16

【収録曲】
全曲作詞作曲 草野正宗
5.8.作曲 三輪徹也
全曲編曲       スピッツ
11.編曲 塩谷哲
プロデュース  スピッツ&高橋信彦

1.ニノウデの世界 ★★★★☆
2.海とピンク ★★★★☆
3.ビー玉 ★★☆☆☆
4.五千光年の夢 ★★★☆☆
5.月に帰る ★★★★☆
6.テレビ ★★★★★
7.タンポポ ★★☆☆☆
8.死神の岬へ ★★★★☆
9.トンビ飛べなかった ★★★★☆
10.夏の魔物 ★★★★☆
11.うめぼし ★★★☆☆
12.ヒバリのこころ ★★★★★

1991年3月25日発売
2002年10月16日再発(リマスター)
2008年12月17日再発(2002年盤SHM-CD化)
ポリドール
ユニバーサルミュージック(再発盤)
100位圏外 売上不明

スピッツの1st(メジャーデビュー)アルバム。インディーズ時代のミニアルバム「ヒバリのこころ」からは1年振りのリリースとなった。今作と同日にシングル「ヒバリのこころ」が発売された。今作発売後に「夏の魔物」がシングルカットされた。

今作はスピッツにとってのメジャーデビュー作。そのためか、今作の収録曲の半分はインディーズ時代の楽曲で構成されている。財政的な余裕が無かったためなのか、ブックレットは表紙以外は全て白黒。紙の質感も違う。
裏ジャケットに掲載されているメンバーの写真で着ている服も自前のもののようだ。デビュー前の宣材写真を撮る際にスタイリストやヘアメイクを起用したが、自分たちの意図からかけ離れた出来になったのでそれに抗議した結果、スタイリストやヘアメイクがつかなくなってしまったからだという。

ジャケ写については、イギリスのインディーズレーベル、クリエイション・レコーズの作品に影響を受けているようだ。それは表ジャケットにメンバーの写真を使わないという方針。インディアン風の格好をした草野マサムネがジャケ写に使われた4thアルバム「Crispy!」以外は全て独自のアートワークによるジャケ写である。そのジャケ写がそれぞれのアルバムの世界観を上手く表現していることが多く、そういったアートワークもスピッツの作品の魅力と言える。ちなみに、今作のジャケ写はヒトデの交尾を模したもの。

↑ヒトデの交尾


「ニノウデの世界」は今作発売後に「夏の魔物」のC/W曲としてシングルカットされた曲。FM802の邦楽ヘビーローテーションに選ばれた。オープニングにふさわしい、ノリの良いポップロックナンバー。ギターのアルペジオの繊細な音色やうねるようなベースが特徴的。パワフルで正確なドラムも凄い。歌詞は極めて散文的で難解。何となく生命の誕生を想起させるようなフレーズがあるのでそう解釈している。サビの「タンタタンタ〜ン」と歌っている部分がインパクト抜群。何とも可愛らしいフレーズである。タイトルを 「二の腕」ではなく「ニノウデ」と表記しているのも印象的。柔らかくて優しいイメージがある。


「海とピンク」はシンプルなロックナンバー。アコギから始まるイントロから勢いに溢れている。フォークロックのテイストも持っていると思う。曲はアマチュア時代からあったようだ。力強いバンドサウンドが曲を盛り上げている。歌詞はかなり変態的な世界を持ったものになっている。ただ、全体としては散文的で意味が分からない。「ピンクのまんまる」という歌い出しのフレーズから何とも意味深。「まんまる」「まん○」にするとさらに意味深になる。他にも「毒入りのケーキのカケラ」「花びら」「小さな玉砂利」「かたくなる身体」など、どことなく官能的なイメージのフレーズが並んでいる。スピッツのキャリアを通しても屈指の変態ぶりでは?と思うほどの歌詞でもスピッツのバンドサウンドやメロディー、草野マサムネのボーカルにかかれば爽やかなものに変わってしまう。しかもサラッと聴けてしまう。この辺りはスピッツの本領を感じさせる。


「ビー玉」は今作と同日にリリースされたデビューシングル「ヒバリのこころ」のC/W曲。ゆったりとした曲調が心地良いポップナンバー。跳ねるようなバンドサウンドで彩られている。「や〜んやんやんや〜ん」と繰り返すイントロからインパクトがある。歌詞は複雑な隠喩で構成された難解なものだが、おどろおどろしいフレーズが多く並んだものになっている。歌い出しの「おまえの最期を見てやる」というフレーズから恐ろしい。その後にも「空色のナイフ」「真っ赤な血の海」と恐ろしいフレーズが飛び出す。曲調はまったりした可愛らしい感じなのだが、そこに乗せられる言葉は恐ろしい。無邪気な子供のような残虐性を持った曲だと思う。


「五千光年の夢」はノリの良いポップロックナンバー。2分40秒程度の短めな曲。弾むようなバンドサウンドで構成されている。楽しげな音を刻むドラムや、メロディーの上を流れていくようなギターの音色がとても心地良い。歌詞は詩的で解釈がとても難しい。どうやら高橋新吉の詩が元ネタになっているようだ。『五億年のくしゃみ』というようなものらしい。この曲の歌詞は楽しそうな感じの描写がされているので、ピクニックにでも出かけているような光景を勝手に想像している。聴き手それぞれの解釈に委ねられるような、スピッツならではの詞世界を持った曲だと思う。


「月に帰る」は三輪徹也が作曲を担当した曲。草野マサムネによる曲とはまた違った切なさを持ったメロディーが展開されている。「歌が始まってもずっとアルペジオを弾いてるっていうのをやりたかった」とのことだが、その狙い通りになっていると思う。繊細なアルペジオの音色が曲を美しく彩っている。歌詞はタイトル通り「月」が多く登場するものになっている。「もうさよならだよ 君のことは忘れない」というフレーズは別れや死をイメージさせる。「月に帰る」というタイトルからは『竹取物語』を想起してしまう。幻想的な歌詞やアウトロが印象的。スピッツのキャリアを通じて少なからずある、草野正宗以外が作曲した曲の中ではかなり好きな方に入ってくる。


「テレビ」は爽やかなポップナンバー。流れていくような繊細なメロディーに乗る、正確無比なバンドサウンド。これぞスピッツ!と言いたくなる。サビはかなりキャッチーですぐに耳に残る。ただ、このような曲に乗せられる歌詞は極めて難解で意味不明。散文的なのも難解な理由。「さびたアンテナ」「不思議な名前」「マントの怪人」などといった歌詞の断片から何となく、お葬式の光景を描いたものだと解釈している。今挙げた3つのフレーズからはお線香、戒名、お坊さんをイメージした。もちろん実際何を描いたかは分からないが。 とてもポップな曲なのに歌詞が不気味にも程がある。このギャップこそ初期のスピッツの魅力と言える。


「タンポポ」は3拍子のゆったりとした曲。今作の中では最も長尺な曲。アマチュア時代の最初期から演奏されていた曲のようだ。その頃からアレンジは大きく変更されていないという。重厚なバンドサウンドで構成されている。歌詞はラブソングともそれ以外とも解釈できるようなもの。しかし、ラブソングというには少し言葉が重過ぎる印象がある。「始まりのチャイムなったらもう君に会えない」「どうかこのまま僕とここにいて欲しい」というようなフレーズが顕著。曲調、歌詞共に重苦しい雰囲気があって少し苦手。その雰囲気に飲み込まれてしまいそうな感覚がある。


「死神の岬へ」は三輪徹也が作曲を担当した曲。「月に帰る」からは一転してポップなメロディーが展開されている。跳ね上がるようなメロディーやバンドサウンドが心地良い。歌詞はタイトル通りどことなくおどろおどろしいイメージのものになっている。三輪徹也が作ってきた曲があまりにポップだったので、歌詞はその逆を行くものにしようと考えたようだ。「死神が遊ぶ岬」へ二人で出かけ、そこで見たというものが語られている。その中でも印象的なのは「いくつもの抜け道」というフレーズ。この抜け道は何を指しているのか。とても気になる。曲自体はとても軽快なので聴き流しているだけだとそのような歌詞が気にならない。それがスピッツの凄さだと思う。


「トンビ飛べなかった」は勢いに溢れたパンクロックナンバー。デビュー前に作られた曲のようだ。ポリドール以外のレコード会社から食事に誘われ、草野が食べようとした時にこの曲を思いついたという不思議な経緯がある。衝動を感じさせるような激しいバンドサウンドが曲を牽引している。投げやりな感じの草野マサムネのボーカルがこの曲の世界観を何よりも表現している。歌詞は失恋を描いたものとされている。しかし、どことなく変態なイメージのフレーズが登場する。「怠惰な命 紙屑の部屋にいた」「どうぞ僕をのみこんでよ 大きな口で」というフレーズは顕著だろう。前者は一人で事を済ませてティッシュに出た物をキャッチした様子、後者は女性との行為のことだろう。聴き手の解釈次第でいくらでも意味が変わるのはとても面白い。歌詞の解釈はスピッツの楽曲の楽しみ方の一つだと思う。


「夏の魔物」は今作発売後にシングルカットされた曲。爽やかなポップロックナンバー。勢いの良いバンドサウンドが曲を終始引っ張っている。流れていくようなメロディーが心地良い。歌詞は詩的でとても難解。「夏の魔物」とは何なのだろうか?水子のことだと解釈しているが、実際のところは分からない。もし本当にそうだとしたら相当に不気味な歌詞である。ただ、初期のスピッツならやりかねない。シングル曲やC/W曲を除けば今作の中ではかなりキャッチーな曲だと思うので、シングルカットするとしたらこの曲だろうなという感じがする。A面曲になったのは単純に夏季のリリース(6月下旬)だったからだと思われる。


「うめぼし」はフォークロック色の強い曲。後にライブ音源が15thシングル「スカーレット」のC/W曲として収録された。編曲はSING LIKE TALKINGの佐藤竹善との仕事で知られる、ピアニストの塩谷哲が担当した。サウンドはアコギとストリングスのみで構成されている。アコギの方が前面に出ている印象。どことなく気だるいメロディーが展開されている。歌詞はタイトル通り「うめぼしたべたい」と連呼し、「僕は今すぐ君に会いたい」と繰り返すもの。字面通りに解釈すれば極めて普通のラブソング?になるのだろうが、何かしら捻ってありそうな気がしてならない。曲はかなりまったりした雰囲気があり、どうにも聴いていると眠くなってしまう。


「ヒバリのこころ」は今作と同日にリリースされたデビューシングル曲。1998年にNHKの長野冬季五輪のCMソングに起用された。アウトロがフェードアウトするのがシングルバージョンよりも30秒ほど遅くなっており、それに伴って曲の長さも長くなっている。インディーズ時代のミニアルバムにも収録され、タイトル曲となっていた。そのバージョンとは若干異なる。曲自体は勢いに溢れたポップロックナンバー。初期衝動を感じさせるようなバンドサウンドが曲を盛り上げている。歌詞はラブソングと解釈できるような感じ。今作は意味の分からない歌詞ばかりだったが、この曲はそこそこ分かりやすい。あまり意図したわけではないようだが 「僕らこれから強く生きていこう」と歌い上げるサビはデビュー曲ならではの雰囲気がある。デビュー曲とはいえスピッツらしく親しみやすいポップな曲である。普通に売れ線ポップスなだけにすぐにブレイクしなかったのが不思議。とても好きな曲。


あまり売れた作品ではないので中古屋ではたまに見かける程度。旧盤を見かけても、スピッツがブレイクした頃に購入されたと思われるものが殆ど。現在ではリマスター盤が出回っているのでそちらを聴くことをおすすめする。
1stとはいえ後のスピッツの曲との大きな違いはあまり無い。歌詞の面で意味不明なものや変態なものが多い点は現在との違いだろうか。それは今作に限らず、初期の作品全体に言えることではあるが。メンバーは後に「当時は売れ線を目指していたわけではない」という旨の発言をしているが、取っつきにくい曲は無くポップでキャッチーな曲ばかり。後追いで聴いても違和感無く聴けるような作品だと思う。

★★★★☆