横山輝一
1993-10-01


【収録曲】
全曲作詞 横山輝一
6.作詞 国分広域
7.9.作詞 渡辺なつみ
10.作詞 神沢礼江
全曲作曲 横山輝一
1.2.3.編曲 勝又隆一
4.編曲 笹岡知之
5.6.7.8.9.10.編曲 志熊研三
プロデュース 重実博
4.10.プロデュース 五十嵐弘之

1.All of my life ★★★☆☆
2.プレッシャー ★★★☆☆
3.夢のパラシュート ★★★★☆
4.Cheap ★★★☆☆
5.Truly ★★★★★
6.Time ★★★★☆
7.Stay in the twilight ★★★★☆
8.あと5分だけ ★★★★☆
9.Oh Lady ★★★★★
10.Lullaby in blue ★★★★☆

1988年2月25日発売
1993年10月1日再発
ファンハウス
最高位不明 売上不明

横山輝一の3rdアルバム。先行シングル「Lullaby in blue」「プレッシャー」を収録。今作発売後に「Truly」がシングルカットされたほか、「夢のパラシュート」をメインに据えたミニアルバム「YUMEPARA」がリリースされた。。前作「VOICE」からは9ヶ月振りのリリースとなった。

横山輝一は1986年にファンハウスからデビューしたシンガーソングライターである。デビュー前の1981年にCBSソニーの「SDオーデション」で最優秀アーティスト賞を受賞しているが、何故その直後にデビューできなかったかは不明。もしそこでデビューしていれば同じオーディションで最優秀アーティスト賞を受賞した大江千里と同期だったと思われる。

横山輝一は1989年に一旦活動を休止して渡米し、音楽を学んだ。1991年にポリスターに移籍して活動を再開した。そして14thシングル「Lovin' You」が最大ヒットを記録した。その後はシンガーソングライターのみならず、作曲家やプロデューサーとしても活動している。恐らく提供した中で一番著名なのはMAXの「Ride on time」だろう。現在ではファンクラブを中心にライブ活動や作品のリリースを行なっている。

横山輝一は圧倒的な歌唱力や高い作詞作曲編曲の能力を持つアーティストである。180cmという長身を生かしたダンスにも定評があった。ブラックミュージックからの影響を強く感じさせるポップスを得意としている。ファンハウス所属時代(1986年〜1989年)はブラックミュージック色がそこまで強くはなく、王道なポップスがメインだった。ポリスター移籍後は自らで編曲やプロデュースも手掛けるようになり、それに伴ってブラックミュージック色の強い曲が増えた。中でも一番得意としていたのはニュージャックスウィング(NJS)だろう。ファンクにヒップホップやソウル、ゴスペルを混ぜたジャンルである。


「All of my life」は先行シングル「プレッシャー」のC/W曲。シンセと重厚なバンドサウンドが絡んだサウンドが展開されたポップロックナンバー。ヘビーなシンセベースや歪んだギターサウンドが曲に力強さを与えている。サビは全編英語詞であり、メロディーと一体になっている感覚がある。歌詞は東京の街を舞台にしたラブソング。輝くような都会の街並みを想起させる描写がされている。「君を見てると 言葉も自然に歌い出すよ」というフレーズは圧倒的な歌唱力を持つ横山輝一が歌うとさらに説得力が増しているように感じられる。オープニングらしいノリの良さがあるため、聴き手を今作の世界に引き込んでいくような役割の曲だろう。


「プレッシャー」は先行シングル曲にして今作のタイトル曲。打ち込みが主体となったミディアムナンバー。生音はギターのみ。シンセによるブラスが多用されている。土方隆之による力強いギターサウンドが曲に渋い味わいを与えている。歌詞は恋の終わりを描きつつも、男の弱さも語られている印象がある。自分に会ったせいで彼女が「こんなに 落ちぶれた奴」になってしまった。そして、自分の追いかけていた夢にすら怖さを抱くようになる。サウンドや曲調は割とポップなのに、歌詞は救いどころが無いほど暗い内容。最早「プレッシャー」という域を超えてしまっている印象すらある。タイトル曲というにはどんよりし過ぎではないか。


「夢のパラシュート」は今作発売後にシングルカットされた「Truly」のC/W曲。往年のライブでは盛り上げ担当として定番だったという。ファンからは「夢パラ」と呼ばれて親しまれていたようだ。今作発売後には「YUMEPARA」というタイトルでこの曲の別アレンジバージョンをメインに据えたミニアルバムもリリースされている。キラキラと輝くようなシンセとキレの良いギターのカッティングが絡むサウンドは爽快そのもの。歌詞は夢の中で好きな人に出会うという内容。夢の中を二人パラシュートで翔ぶ。何ともロマンチックな詞世界である。盛り上げ担当の曲だったというのも頷けるノリの良さがある。今になって聴くとサウンド面で古臭さを感じるところもあるが、ノリだけは変わらない。ファンハウス時代の名曲と言って良いだろう。


「Cheap」は先行シングル「Lullaby in blue」のC/W曲。Music Video Magazine『MOJO』のCMソングに起用された。ポリスター移籍後の作風を思わせる、ブラックミュージック色の強い曲。高音で叫ぶ部分をはじめ、所々にマイケル・ジャクソンを彷彿とさせる箇所がある。サウンドはシンセとキレの良いギターのカッティングが前面に出ている。歌詞は彼女と別れた男性の心情が綴られたものとなっている。「お前のその瞳 背中に恋をしてた 再び愛せない 心が」というフレーズは何とも切ない。横山輝一のボーカルはサラッと歌い上げる印象。それが逆にこの曲の切なさを引き立てているのかもしれない。


「Truly」は今作発売後にシングルカットされた曲。AORやシティポップのテイストを感じさせるミディアムナンバー。この曲に限らず、初期の横山輝一の楽曲はシティポップ色の強いものが多い。この曲及びそれ以降の収録曲の編曲はデビュー当初の角松敏生との仕事で知られる志熊研三が担当した。ここまでの曲とは異なり、生音が主体となっている。爽やかなギターのカッティングが前面に出ており、その脇を美しいピアノやサックスの音色で固めている。歌詞は恋に落ちた瞬間を切り取ったような描写がされている。「こんな気持ちは初めてなのさ」というフレーズには男性の気持ちが凝縮されているように感じる。上質なバラードと言った感じで、シングルカットされたのも分かる。


「Time」はシティポップ色の強い曲。バンドサウンドに加えて流麗なストリングスも使われている。ウォール・オブ・サウンドを彷彿とさせる音作りがされている印象がある。実力派ミュージシャンで固められたバンドサウンドには一切の隙がない。歌詞は別れを決めたカップルを描いたもの。「愛だけ抱きしめ 生きてゆけないから」というフレーズには男性の心情が顕著に感じられる。別れを決めた状態なのに、不思議と切なさはあまりなく、清々しさすら感じられるような歌詞となっている。曲調やサウンドのせいなのだろうか?


「Stay in the twilight」はしっとりと聴かせるバラードナンバー。ハーモニカがフィーチャーされたブルースのようなテイストのイントロが特徴的。ゆったりとしながらも、聴き手を退屈させない美しいメロディーが聴いていてとても心地良い。ひんやりした感じのキーボードの音色が曲を彩っている。そのようなキーボードの音色はいかにも1980年代の曲という印象がある。歌詞は彼女と別れた後の男性の気持ちが語られたもの。ふとした時にかつての彼女の姿を思い出し、切ない感情に襲われる。忘れてしまえば楽なのだろうが、そうして切なさに苦しめられるのも良いのかもしれない。 横山輝一はバラードにも良い曲が多いということを証明してくれるような曲になっていると思う。


「あと5分だけ」は爽やかなポップナンバー。バンドサウンドに加えてブラスやシンセも多用された豪華なサウンドで構成されている。サビまでは地味な印象なのだが、サビになると一気に明るいメロディーが展開される。その開放感がたまらない。歌詞は彼女と待ち合わせしている男性を描いたもの。どうせ来やしないのに「5分だけ」待ってみる。聴いているだけでも切なくなるような歌詞なのに、サウンドやメロディーはとても明るい。そのギャップが歌詞の切なさを増幅させているように感じる。ポリスター移籍後にはこの曲のような王道なポップスがかなり減ってしまうので貴重な存在である。


「Oh Lady」はお洒落なサウンドが展開されたポップナンバー。ストリングスやブラスの使い方はどことなくソウルのテイストを感じさせる。タイトなバンドサウンドとそれ以外の音とのバランスが取れており、聴きごたえのあるサウンドとなっている。歌詞は旅立ちをテーマにしたもの。彼女は最終便に乗って飛び立ってしまう。男性が悲しみを堪えているのかはわからないが、彼女との別れを自然に受け止めている印象がある。突き抜けるようにキャッチーなサビやサウンドが管理人の好みなので評価がかなり高くなっている。シングルと言っても何ら違和感の無いような曲だと思う。


「Lullaby in blue」は今作のラストを飾る先行シングル曲。シンセ、ドラム、サックスのみというシンプルな音作りがされている。シンセとドラムが主体となっているが、曲の要所はサックスがしっかりとキメている。「Lullaby」というタイトルではあるが、割とポップでキャッチーな曲である。歌詞は彼女に別れを告げられた男性の気持ちが描かれたもの。留守番電話に彼女からのメッセージがあった。あくまで悲しみを押し殺すのは男性にとっては彼女への最後の強がりなのだろう。シングル曲というには地味な印象が否めないが、今作のラストを飾る曲という立場で聴くとより良い曲だと感じられる。


あまり売れた作品ではないので中古屋ではたまに見かける程度。今作に限らず、ファンハウス時代のアルバムは中々見かけない。オリジナル盤だけでなく再発盤もあまり出回っていないので、もし見かけたら優先的に入手することをおすすめする。内容としては、ファンハウス時代らしい王道なポップスを楽しめる。それに加えてブラックミュージック、AOR、シティポップといったジャンルも取り入れられており、バラエティ豊か。後半にはバラードが詰め込まれているのだが、サウンドを始めとして多彩なアプローチがされているので飽きない。管理人はポリスター移籍後よりもファンハウス時代の方が好きな曲が多い。当然今作も好きな作品である。

★★★★☆