サザンオールスターズ
2008-12-03


【収録曲】
全曲作詞作曲 桑田佳祐
11.作曲 大森隆志
13.作曲 桑田佳祐・八木正生
全曲編曲       サザンオールスターズ
1.4.編曲 サザンオールスターズ&矢口博康
11.12.編曲 サザンオールスターズ&藤井丈司
13.編曲 八木正生
3.弦編曲 新田一郎
6.弦編曲 八木正生
7.8.管編曲 新田一郎
プロデュース  高垣健 サザンオールスターズ

1.JAPANEGGAE(ジャパネゲエ) ★★★★☆
2.よどみ萎え、枯れて舞え ★★★★☆
3.ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY) ★★★★★
4.開きっ放しのマシュルーム ★★★☆☆
5.あっという間の夢のTONIGHT ★★★★赤
6.シャボン ★★★★☆ 
7.海 ★★★★★
8.夕方 Hold On Me ★★★★★
9.女のカッパ ★★★★☆
10.メリケン情緒は涙のカラー ★★★★☆
11.なんば君の事務所 省略
12.祭はラッパッパ ★★★★☆
13.Dear John ★★★☆☆

1984年7月7日発売(LP,CT)
1984年7月21日発売(初CD化)
1989年6月25日再発
1998年5月22日再発
2008年12月3日再発(リマスター)
ビクター・タイシタレーベル
最高位1位 売上51.6万枚(LP)
最高位1位 売上29.4万枚(CT)
最高位76位 売上0.4万枚(1998年盤)
最高位91位 売上0.2万枚(2008年盤)

サザンオールスターズの7thアルバム。先行シングル「ミス・ブランニュー・デイ」を収録。前作「綺麗」からは1年振りのリリースとなった。1998年盤の初回盤は紙ジャケ仕様、2008年盤の初回盤はデジパック仕様。

今作は前作「綺麗」でのAOR路線をさらに突き詰めたような印象の作品となっている。サウンド面でも、当時の最先端だったコンピュータサウンドが全面的に導入されている。YMOでテクニカルアシスタントを担当していた藤井丈司が参加しているのも特徴。コンピュータサウンドについては、次作「KAMAKURA」でさらに突き詰められることとなる。


「JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)」は今作のオープニング曲。タイトルは「JAPAN」と「REGGAE」を組み合わせた造語。当時流行していたテクノポップ風のサウンドと生音が絡んだサウンドが展開されている。何故かはわからないが、異様に切迫感があるサウンドとなっている。タイトルにはレゲエと入っているものの、レゲエ風のアプローチは無い。和楽器が使用されたサウンドや古語が多用された歌詞からは「JAPAN」への拘りを感じさせる。歌詞全体としては遊郭での光景を描いたものと解釈している。桑田佳祐ならではの言葉遊びが使われているのが特徴的。 意味ははっきりと分からないのだが、口ずさんでみるととても気持ち良い。桑田佳祐流のマジックとも言うべき詞世界が展開されている。はるか昔に作られた曲のようにも、遠い未来で作られた曲のようにも感じられる不思議な曲。


「よどみ萎え、枯れて舞え」はコンピュータサウンドが前面に出たポップナンバー。テクノポップ、ニューウェーブ、AOR…と様々なジャンルのテイストが感じられるサウンドとなっている。何でもありな作風こそサザンの魅力と言えるが、その魅力がよく現れた曲である。良い意味でとっ散らかったサウンドだろう。歌詞は下ネタ路線。「夏の雨」というフレーズから歌詞の舞台は夏だというのが分かるが、爽やかな夏の光景ではなく、蒸し暑く不快な夏の夜を想起させる。「愛倫浮気症」(アイリン・フーケショウ)という桑田佳祐の造語が歌詞に登場するが、それのインパクトが凄い。字面だけで意味が何となく理解できる上に、語感がとても良い。メロディーとのハマり方も絶妙。桑田佳祐の卓越した言語センスをまざまざと見せつけられるような曲だと思う。


「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」は先行シングル曲。1989年公開の映画『彼女が水着にきがえたら』の挿入歌に起用された。何かが始まる予感を告げるようなイントロは絶品。メロディーだけでなく、サウンドも素晴らしい。何度聴いても鳥肌が立ってしまう。当時の流行だったテクノポップ風のシンセの音色が多用されている。歌詞は流行りに流されやすい女性、特に女子大生を皮肉った内容となっている。タイトルの意味は「新しい流行やブランドを追い求める女性」と言った感じだろうか。そのような女性を鋭い言葉で攻め続けているのかと思うが、それは少し違う。歌詞について桑田佳祐は「このような部分を持つ現代の女を愛してしまう、ちょっと甘い男のラプソディー」と語っている。メッセージ性だけでなく、男の優しさや情けなさも感じさせる歌詞となっている。それがいかにもサザン、桑田佳祐らしいと思う。メロディー、歌詞、サウンドとどれも大好きな曲である。この曲に関しては古臭さを感じない。


「開きっ放しのマシュルーム」はノリの良いポップロックナンバー。日本のバンド・PINKの影響を受けて作られたとされている。パンクやロックンロールの要素を感じさせる曲調やサウンドが展開されている。勢いが良く、賑やかな感じ。激しいバンドサウンドがたまらなく格好良い。最後までそのノリで駆け抜ける。歌詞は日本語と英語がごちゃ混ぜになった、桑田佳祐の王道と言えるものとなっている。かなり散文的なので意味はよく分からないが、「Atomic Tragedy」「東」「真っ赤」といったフレーズから、冷戦を皮肉ったものだと解釈している。タイトルは核によるキノコ雲のことだと思う。ノリのいい曲の割にかなり社会派な曲という印象がある。


「あっという間の夢のTONIGHT」は爽やかなポップナンバー。曲は2分56秒と短め。シンセが多用されたきらびやかなサウンドが展開されており、とても心地良い。この曲の聴きどころは跳ね上がるようなメロディー。特にサビの部分は何度聴いても引き込まれる。歌詞は夏の終わりの失恋が描かれている。それはサザンの王道と言えるテーマだろう。「愛されんだあ」「I Surrender」と言葉遊びが用いられているのが特徴的。情景が浮かんでくるような繊細な描写は、聴き手を歌詞の主人公になった気分にさせる。何度も聴きたくなるような魅力が詰まった曲なのに、曲はかなり短い。まさに「あっという間の夢」と言ったところか。


「シャボン」は原由子ボーカル曲。ボサノバやブルースのテイストを感じさせるような、しっとりとした曲調で聴かせる。ストリングスがフィーチャーされており、曲を重厚に、流麗に彩っている。「シャボン」「セゾン」と繰り返されるサビは中々にキャッチー。歌詞は失恋した女性の感情が描かれているもの。夕暮れの海岸で一人黄昏ている女性の姿が浮かんでくるようである。可愛らしさや哀愁を併せ持った原由子のボーカルがこの曲を何よりも上質なものにしていると思う。各アルバムで一曲という限られた舞台で確実にインパクトを残す原由子の職人的な姿には惚れ惚れしてしまう。代打の切り札のような存在だろう。


「海」はAOR色の強い美しいバラードナンバー。桑田佳祐が1984年にジューシィ・フルーツに提供した曲のセルフカバーである。本来は「ミス・ブランニュー・デイ」ではなく、この曲がシングルとなる予定だったようだ。美しいメロディーや上質なサウンドが展開されている。一切の無駄を削ぎ落としたような洗練されたサウンドである。間奏のブラスのソロは圧巻。歌詞は女性ボーカルグループに提供したためか、女性目線となっている。夏の海を舞台に、過ぎた恋を振り返っている内容。「移り気なアナタ」との短い恋模様が描かれている。とてもドラマチックな描写がされている。詞世界すら美しさに溢れている。繊細さ漂う桑田佳祐のボーカルもこの曲の切なさを演出している。 歌詞、メロディー、サウンド、ボーカルと全てにおいて素晴らしく、今作のアルバム曲の中で一番好きな曲。


「夕方 Hold On Me」はブラックミュージックのテイストを感じさせるポップナンバー。タイトルはスモーキー・ロビンソンの「You really gotta hold on me」をもじったもの。ホーンがフィーチャーされたとても明るいサウンドが展開されている。親しみやすいキャッチーなメロディーも相まって、とてもノリの良いサウンドとなっている。歌詞は日本語と英語がごちゃごちゃになっているもの。ストレートなラブソングと解釈できるような歌詞なのだが、数多くの言葉遊びが散りばめられている。シングルと言われても何ら違和感の無いようなポップな曲であり、この曲もアルバム曲の中で好きな方に入ってくる。


「女のカッパ」はジャズテイストの強い曲。それに加えてAORのテイストも含まれている印象。スティーリー・ダンのように上質なサウンドである。隙のないタイトなバンドサウンドに加え、ホーンが曲を重厚に彩っている。浮遊感のあるエレピの音色も特徴的。淡々とした曲調なのだが、その分サウンドやメロディーの美しさが引き立てられていると思う。歌詞は雨の日を舞台にしている。英語詞が多用されているので歌詞の意味はあまり分からないのだが、「何もしない人が 笑える時代」というフレーズが好き。この曲もサウンドが管理人の好みなので評価が高めとなっている。


「メリケン情緒は涙のカラー」は歌謡曲とロックを混ぜたような、異色なアプローチがされた曲。そのような曲調とは裏腹に、サウンドは当時の流行をそのまま取り入れたようなシンセが前面に出ている。独特なリフが冴え渡っている印象がある。力強いバンドサウンドとの絡みも絶妙。勢いの良いメロディーも心地良い。歌詞は横浜の街が舞台となっている。「Yokohama」「China Town」「BUND-HOTEL」などといった横浜を想起させるフレーズが多く登場している。ハードボイルドな世界観を感じさせる歌詞がとても格好良い。この手の路線の曲はサザンの作品に定期的に登場するが、好きな曲が多い。


「なんば君の事務所」は先行シングル「ミス・ブランニュー・デイ」のC/W曲。作曲は大森隆志が担当した。流れるようなメロディーに力強いギターサウンドが乗せられている。バックで流れるシンセの音も曲に勢いをつけている。アルバムの流れの調整という点でかなり効果的な存在となっていると思う。それにしてもタイトルの意味が分からない。タイトルが最大の謎である。


「祭はラッパッパ」は本格的なファンクナンバー。サザンにとっては初と言えるようなファンクだろう。2分半程度の非常に短い曲なのだが、その短い尺に様々な音や歌詞が詰め込まれている。チョッパーベースやキレの良いギターのカッティングが前面に出たサウンドはファンキーそのもの。歌詞はタイトル通り祭をテーマにしている。話し言葉が歌詞の中に多く登場する。桑田佳祐の語りかけるようなボーカルのお陰で、耳にサラッと入ってくる印象。 サウンドは洋楽そのものと言っていいほどなのに、歌詞は和風そのもの。このギャップに引き込まれる。


「Dear John」は今作のラストを飾る曲。作曲は桑田佳祐と八木正生の共同で行われた。ジャズテイストの強い、荘厳な雰囲気すら感じさせるサウンドが展開されている。ストリングスが全面的に使用されているのが特徴。歌詞はタイトル通り、ジョン・レノンへの想いを綴ったようなものとなっている。「Strawberry Fields」「No Reply」といったジョン・レノンを彷彿とさせるフレーズが使われている。桑田佳祐はビートルズの影響を強く受けてきたが、心から敬愛しているのが伝わってくるような歌詞となっている。ラストにふさわしい存在感を持った曲だと思う。  


現在ではリマスター盤も出回っているのでそちらを聴くことをおすすめする。「人気者で行こう」というタイトルに沿った、ライトリスナーにも聴きやすいような曲とアクの強い実験的な曲とが混ざり合ったアルバムとなっている。当時としては最新だったコンピュータサウンドは今となっては時代性を感じさせるが、それもまた味があるので魅力の一つ。歌詞も曲も全編通して完成度が高い印象があり、当時の桑田佳祐の才能がいかに冴え渡っていたかが伝わってくる。当時としてはかなり攻めた作品だったと思う。サウンド面を始めとして、好みが別れる作品だと思うが、管理人は大好きな作品である。

★★★★★