【収録曲】
全曲作詞作曲 安岡孝章
1.作詞 堀麻夫
2.8.作詞 小倉博和
4.9.作詞 安岡孝章&堀麻夫
全曲編曲 I RÉIN FOR RÉIN PROJECT
プロデュース 村木敬史

1.PRISONER ★★★★★ 
2.FOLLOW ME ★★★★☆
3.CHARADE ​★★★★☆
4.PRIVATE GIRL ​★★★★☆
5.SUNSET CAFE ★★★☆☆
6.JUST MY LOVE ★★★★★
7.TIME IN THE WINDOW ★★★★★ 
8.FRIDAY IN THE PARK ★★☆☆☆
9.BABYLONの幻想 ★★☆☆☆
10.白夜 ​★★★★★

1988年7月21日
2017年3月22日再発(MEG-CD)
ビクター音楽産業
最高位不明 売上不明

アイリーン・フォーリーンの3rdアルバム。先行シングルは無し。前作「Romantic」からはベスト盤を挟んで2年1ヶ月振りのリリースとなった。

アイリーン・フォーリーンは1984年に高知県で結成された5人組バンド。呪文のようなバンド名が印象的だが、バンド名を英語表記すると「I Re'in For Re'in」となり、それを直訳すると「私は生まれ変わるために生まれ変わる」となる。とある大物バンドのマネージャーにつけられたという。
ボーカル・キーボードの安岡孝章、ギター・ボーカルの堀麻夫、ギターの有澤由明、ベースの桑本勲、ドラムの中越五雄から成る。1985年に拠点を東京に移し、ビクターからデビュー。
1987年には安岡孝章・堀麻夫以外の3人が脱退し、新たにギターの小倉博和が参加した。今作はその3人体制で制作された。
今作発売後、全国ツアーを行なってアイリーン・フォーリーンは活動休止する。
2008年にデビュー当初のメンバーで再結成してアルバムをリリース。現在はアイリーン・フォーリーンNextと銘打ち、高知県を拠点に活動しているようだ。安岡孝章と中越五雄以外は、新たにミュージシャンを2人迎えて4人組となっている。

アイリーン・フォーリーンはシンセを駆使したシティポップを得意としたバンドである。徹底的に作り込まれたサウンドや、安岡孝章の卓越したメロディーセンスが魅力的。また、安岡孝章と堀麻夫の透明感のあるツインボーカルも大きな特徴である。その聴き心地の良い音楽性のためか、楽曲が番組のテーマソングやCMソングに起用されることが多かったようだ。


「PRISONER」は今作のオープニング曲。壮大な曲調で引き込むロックナンバー。いつになく力強いメロディーが展開されているが、確かなインパクトを持ったサビは不変。厳かな雰囲気を持ったシンセの音色から始まり、激しいギターサウンドが入って盛り上がる。「全編ソロ」と言ってもいいほどにギターサウンドが主張しており、これは今までのアイリーン・フォーリーンには無かった要素である。小倉博和が加入したことによる変化が早速現れている。
歌詞は情熱的なラブソングと言ったところ。心を燃やし合う恋人たちを「Prisoner」に例えたもの。爽やかさと色気を併せ持った安岡孝章のボーカルによって、歌詞の一言一言がさらに濃厚になっている印象。メロディーやサウンドが「格好良い」と思うような曲はこれまでの作品に無かったので、かなり新鮮。


「FOLLOW ME」は疾走感のあるポップロックナンバー。サビは一度聴けば耳を離れないほどにキャッチーである。サウンド面はキレのあるバンドサウンドが主体。3分にギリギリ満たない程度と短めなのだが、今作の中でも特に速い曲という印象。安岡孝章のロックらしさを押し出したフェイクが冴え渡っており、曲の力強さを引き立てている。
歌詞は小倉博和によるもの。気になる異性に言い寄る男性を描いたもの。「濡れたPoseで誘えよ」「ずっと かくしてた君をきっと見せてくれ」など、かなり強気で肉食なイメージのある詞世界であり、活気に満ちていたであろう当時の世相を色々と想像してしまう。
最初の2曲を聴いただけでも、これまでの作風からガラリと変わったことがよくわかるはず。


「CHARADE」はスタイリッシュな雰囲気を持ったポップナンバー。一切の無駄がない上に、キャッチーなメロディーが展開されている。安岡孝章の卓越したメロディーセンスの証明である。サウンド面ではキレの良いギターサウンドやベースが前面に出ており、その脇をシンセが固めている。全体的に都会の夜をイメージさせるようなサウンド面となっている。
歌詞は恋人同士で過ごす夜を思わせるもの。今作はこの手のテーマの曲が多い。「背中つたう汗を指でなぞるしぐさが好きさ」「哀しい愛にいま 絡まる糸をたぐる」といった歌詞は生々しさが感じられる。それでもいやらしさの無い曲になっている印象。その辺りはバンドの優れたバランス感覚のおかげと言えるだろう。


「PRIVATE GIRL」はAOR色の強いミディアムナンバー。今作特有の力強さと、これまで通りの美しさとを両立させたメロディーが展開されている。派手に盛り上がる曲でないが、サビはかなりキャッチー。叙情的なギターサウンドやエレピがフィーチャーされており、メロディー自体が持つ魅力をより高めている。
歌詞はここまでの曲と同じく、濃厚さを感じさせるラブソング。「秘密の合図でDoorを開けて」「幾つ夜を重ねても 呼吸が止まるくらいに 愛しているのさ」などと、ロマンティックなフレーズも登場するのが特徴。ナルシストっぽさのあるボーカルも、この曲の世界観を構成する重要な要素。前述したように、今までと今作のアイリーン・フォーリーンの中間のような曲になっていると思う。


「SUNSET CAFE」はここまでの流れを落ち着けるミディアムナンバー。どこか切なく、懐かしさも感じさせるメロディーが心地良い。アコギを前面に押し出し、温かみのあるサウンドとなった印象。シンセもそれに合わせ、柔らかい音色となっている。他の曲では男らしさ全開のボーカルを披露してきた安岡孝章も、この曲ではこれまで通りの好青年的な歌声を聴かせてくれる。
歌詞は「SUNSET CAFE」に待ち合わせたカップルを描いたもの。とは言っても、主人公はカフェにいてカップルを眺めている形。歌詞には「不思議なほど おだやかな午後さ」というフレーズが出てくるが、まさにそのような状況を過ごす時のお供として聴きたくなる。


「JUST MY LOVE」は爽やかな雰囲気を持ったポップナンバー。シングル曲と言っても違和感が無いほどに親しみやすいメロディーがたまらない。キーボードが前面に出たサウンドや、サビでのコーラスワークの影響でかなりポップな仕上がり。ただ、男気や逞しさを押し出すようになったボーカルのせいか、若干のロック色が出ているように感じる。
歌詞は恋人への真っ直ぐで優しいメッセージと取れるもの。恋人をより深く愛するために「はるかな旅に出よう」と誘っている。誠実さを感じさせる詞世界や、わかりやすくポップなメロディーはアイリーン・フォーリーンの王道と言える。これまでの作品からは色々と変貌を遂げているが、決して変わらない部分もある。


「TIME IN THE WINDOW」は温かみのあるミディアムナンバー。他の曲のような派手さは無いものの、訴求力に満ちたメロディーが展開されている。80年代後半〜90年代初頭にしか無かったような、シンセの独特な音色がたまらない。無機質なようでいて、優しく柔らかい音色である。また、この曲では安岡孝章・堀麻夫のツインボーカルを楽しめる。充実したコーラスワークはこの曲の聴きどころ。
歌詞は遠距離恋愛中の恋人へのメッセージのようになっている。誠実な男性像を想像できる詞世界となっているが、特に「優しい出来事ばかりじゃないさ ひとりで生きるほど強くもないさ だから一番 大切なもの 信じていたいのさ いつもいつも」という歌詞が好き。
この曲に関しては、今までのアイリーン・フォーリーンの作風に沿ったような印象。例に漏れず好きな曲。


「FRIDAY IN THE PARK」は今作の箸休め的な存在の小曲。1分半とかなり短めで、インストかと思ってしまうがしっかりと歌詞がある。サウンド面はアコギが前面に出ている。打ち込みドラムの響きは時代性を感じさせるが、サウンドの味わい深さを演出している。
歌詞はタイトル通り、金曜日の公園を舞台にしたもの。秋の涼しい風が吹く公園を恋人たちが歩いているイメージ。様々な面で聴きごたえのある曲だけに、もっと長い尺で聴いてみたかったと思ってしまうが、それは贅沢だろうか。


「BABYLONの幻想」はゆったりとした曲調で聴かせる曲。サビになってもそれほど盛り上がらないメロディーだが、盛り上がりを狙ったような曲ではないと思うので、それが正解だろう。この曲もまた、打ち込みドラムの音が時代性を感じさせる。ところどころでそのチープな音がどうしても気になってしまう。全て生音で固めた方が良かったのではと思う。
歌詞は一夜限りの愛をイメージさせるもの。全体を通して、どこか官能的な雰囲気を持った詞世界となっているのが特徴。ゆったりした曲調も相まって、歌詞の一言一言がより届きやすい印象。それが曲全体から漂うムードを演出していると言える。


「白夜」は今作のラストを飾る曲。7分20秒台という壮大なバラードナンバー。壮大でありながら、一度聴いたらしっかりと耳に残るくらい訴求力のあるメロディーが展開されている。特にサビは鳥肌が立ってしまうほど。力強いバンドサウンドが主体になりつつも、銀世界をイメージさせる煌びやかな音色のシンセも主張して曲に彩りを添えている。
歌詞はタイトルからも想像できるかもしれないが、冬の夜を舞台にしたもの。恋人たちが別れるその時を切り取ったような描写がされており、切なさに満ちた詞世界である。「熱唱」「絶唱」といったフレーズがよく似合う、熱のこもったツインボーカルもこの曲の力強さを演出する要素となっている。ラストというポジションにふさわしい、圧巻の完成度を誇る曲である。


あまり売れた作品ではない上に、CDが定着し始めた頃の作品なので中古屋では滅多に見かけない。見かけてもそれなりの値段で売られているだろう。2017年にMEG-CDで再発されているので、そちらで入手した方が安上がりかもしれない。ただ、リマスターはされていない。リマスターされたら、さらに聴きごたえが増して楽しめるような作品だと思うのだが…
これまでの2作は武部聡志(1st)や小林武史(2nd)が参加し、彼らに引っ張られるような形でバンドの魅力を発揮してきたが、今作はメンバーが主体となって制作されている。また、小倉博和が加入したこともあってか、ギターサウンドを前面に押し出した作風となった。
力強さや男臭さを前面に押し出しつつも、これまでの爽やかさや優しさもしっかり保っているのが特徴。これまでの作品を聴いた方は面食らうかもしれないが、変わり過ぎて聴く気が無くなる…ということは無いはず。細部まで徹底的に拘って作り上げられた曲たちは、今聴いても色褪せない素晴らしさがある。優れた実力を持ったミュージシャン揃いであったことがよくわかる名盤。アイリーン・フォーリーンのオリジナルアルバムの中では一番好きな作品。

​★★★★★