ステレオ太陽族(リマスタリング盤)
サザンオールスターズ
2008-12-03


【収録曲】
全曲作詞作曲 桑田佳祐
10.作詞作曲 関口和之
全曲編曲 サザンオールスターズ
6.編曲 八木正生
1.7.8.弦管編曲 八木正生
プロデュース 高垣健・サザンオールスターズ

1.Hello My Love ​★★★★☆
2.My Foreplay Music ★★★★☆ 
3.素顔で踊らせて ★★★★★
4.夜風のオン・ザ・ビーチ ★★★★☆
5.恋の女のストーリー ★★★☆☆
6.我らパープー仲間 ★★★☆☆
7.ラッパとおじさん(Dear M.Y’s Boogie) ★★☆☆☆
8.Let’s Take a Chance ​★★★☆☆
9.ステレオ太陽族 ★★★★★
10.ムクが泣く ★★★☆☆
11.朝方ムーンライト ​★★★☆☆
12.Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)
13.栞のテーマ ​★★★★★

1981年7月21日発売(LP,CT)
1984年6月21日発売(初CD化)
1989年6月25日再発(CD,CT)
1998年4月22日再発(CD,初回盤は紙ジャケ仕様)
2008年12月3日再発(リマスター・初回盤はデジパック仕様)
Invitation(ビクター・オリジナル盤)
ビクター・タイシタレーベル
最高位1位 売上32.2万枚(LP)
最高位2位 売上15.7万本(CT)
最高位72位 売上0.4万枚(1998年盤)
最高位94位 売上0.2万枚(2008年盤)

サザンオールスターズの4thアルバム。先行シングル「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」を収録。今作発売後に「栞のテーマ」(B面は「My Foreplay Music」)がシングルカットされた。前作「タイニイ・バブルス」からは1年4ヶ月振りのリリースとなった。

前作のリリースを挟んで続いていた5ヶ月連続のシングルリリース企画「FIVE ROCK SHOW」を始めとした、1980年リリースのシングル曲は全て未収録となっている。シングルヒットは無かったものの、今作(LP)は6週連続1位とヒットを記録した。アルバムアーティストとして飛躍を遂げたと言える。

今作はジャズピアニストの八木正生が全面的に関与して制作されている。ストリングスやホーンアレンジだけでなく、八木が単独でアレンジを担当した曲もある。さらには八木のことを歌ったと思われる曲もあり、存在の大きさがよくわかる。
そのためか、ジャズやブルースに傾倒した作風となっている。


「Hello My Love」は今作のオープニング曲。リズミカルな演奏が高揚感を与えてくれるポップナンバー。R&BやAORを思わせるメロディーや演奏を堪能できる。軽やかで楽しげなイメージの音色のピアノやホーンは上質そのもの。間奏ではラグタイムを彷彿とさせるピアノソロがあり、曲を盛り上げている。
歌詞は恋人への想いが綴られたもの。官能的な世界観を持った部分もあるのだが、全体としてはどこかロマンティックな雰囲気を持った歌詞となっている。
そうした歌詞が甘く美しいメロディーや演奏によく合っていて、それがこの曲の聴き心地の良さに繋がっているように思う。


「My Foreplay Music」は今作発売後にシングルカットされた「栞のテーマ」のB面曲。サントリー「トリスウイスキー」のCMソングに起用された。渋さを感じさせるピアノロックナンバー。どこがサビなのか少しわかりにくいものの、全体を通してスピード感がある曲調でよく耳に残る。力強いキーボードや重厚なギターサウンドが爽快感を演出する。
「Foreplay」は「前戯」を意味する言葉。歌詞もそれを思わせるものである。英語を多用して真意を隠すような歌詞だが、アダルトな世界観は隠しきれない。
Billy Joelの「All For Leyna」を意識して制作されたようだが、聴き比べてみると笑ってしまうくらい似ている。イントロからしてもうね…


「素顔で踊らせて」は甘く美しいメロディーが心地良いミディアムナンバー。桑田出演のユニ・チャーム「アンネナプキン」のCMソングに起用された。曲中で転調する箇所が多くあるが、どれも自然に行われていて、それがクセになって何度でも聴きたくなる。あまり主張することのない、繊細さを感じさせる演奏がメロディーやボーカルを際立たせている。一切の無駄をなくしたサウンドになっている印象。
歌詞は恋人に語りかけているようなイメージのもの。桑田の誕生日である「2月26日」という日付が登場するのが特徴だが、その部分では英語にしか聴こえないような歌い方をしているので尚更インパクトがある。
メロディーや演奏が自分好みで、今作のアルバム曲の中でも特に好きな曲。


「夜風のオン・ザ・ビーチ」はミッドテンポのロックナンバー。ブルースやR&Bの要素を取り入れつつも、ロック色の強い演奏が繰り広げられる。どことなく泥臭い音の響きがたまらない。艶のあるピアノの音色や渋いギターサウンドが曲の雰囲気を演出する。
歌詞は英語を多用しつつも、淫靡な世界観を持ったもの。夜の海の光景が浮かんでくるような詞世界で、「I wanna thank you for the night」というフレーズは曲の世界を象徴しているように思う。また、神奈川県内の地名が多く登場するのはサザンの楽曲の大きな特徴だが、「辻堂」が登場するのはこの曲だけだという。そうした点でも特色ある歌詞と言える。
泥臭く男臭い演奏やボーカルが好き。こうした曲は後にも先にも少ないと思う。


「恋の女のストーリー」はジャジーなバラードナンバー。アミューズ制作で桑田が音楽監督を務めた映画『モーニング・ムーンは粗雑に』の挿入歌。スローな曲調はいつになく大人びた味わいを持っている。ドラムやエレピは曲を包み込むかのよう。
歌詞は片想いしている女性が主人公となっている。「どこかで抱かれることだけ 夢見てる」から「言葉では云えぬほど ステキなこのひと時こそ 忘れない」となるのが印象的。主人公の夢が叶ったということだろう。そこまで長くない曲ながら、ストーリー性のある詞世界である。
20代半ばだったサザンが演奏するにはあまりにも大人な曲だったと思う。今のサザンが演奏していたらとても自然な感じがするが…


「我らパープー仲間」は今作の中でも特にジャズの色が強い曲。八木正生が単独で編曲を担当しているためだろう。その手のジャンルには決して詳しくない自分でもイントロから「ああ…ジャズだ…!」と思うほどに演奏がそれそのもの。そうした演奏が歌謡曲のようなメロディーに乗せられている。
「パープー」は広島の方言で「馬鹿」「間抜け」「阿呆」といった意味があるようだが、「憎めない仲間」というような意味だと解釈している。この曲のように皆が「パープー」ならもっと平和な世界になっているはず。
この曲の楽しげな雰囲気に引き込まれる。サビでのメンバーのコーラスの影響か。桑田からすれば彼らも「パープー仲間」なのだろう。


LPの場合、ここまでがA面。以降はB面となる。


「ラッパとおじさん(Dear M.Y’s Boogie)」は全編英語詞によるロックナンバー。タイトル通りブギのテイストが取り入れられている。他の曲にも増して力強い桑田の歌声がこの曲の雰囲気を作り出している。バンドサウンドに絡みつくようなホーンが曲を効果的に盛り上げる。
タイトルの「M.Y」は八木正生のことであり、歌い出しから「I believe,I believe,I believe in Mr.Yagi」と登場する。また、間奏には日本語のセリフがある。何と言っているか分かりにくいが、そちらも八木に向けたものだと思われる。
かなり内輪ノリの強い曲という印象が否めないが、当時のサザン(桑田)がどれだけ八木を慕っていたかよくわかる曲である。


「Let’s Take a Chance」は怪しげな雰囲気漂うミディアムナンバー。映画『モーニング・ムーンは粗雑に』の挿入歌。ブルースとディスコミュージックの要素を混ぜたような、独特な演奏やリズムは相当なインパクトがある。また、メンバーによるコーラスは民謡を彷彿とさせる。サウンド面では、ずっしりと響くドラムと軽快なピアノとの対比が面白い。
歌詞は英語がかなり多く使われているのが特徴。恐らく官能的なものだろう。「夢で見ていたものより見事 ふくよかな 腰のあたりなど まるでサーモン・カラー」という歌詞が様々な想像を掻き立てる。「サーモン・カラー」はサーモンピンクだと思っているのだが、その色をここまでいやらしく表現できるものかと驚かされる。
曲全体から溢れる怪しさが不思議とクセになってしまう。


「ステレオ太陽族」は今作のタイトル曲。映画『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』の挿入歌に起用された。1分半ほどのかなり短い曲。始まりはフェードイン、終わりはフェードアウトという演出が見事。ソウルやAORのテイストを感じさせる、甘く叙情的なメロディーやグルーヴ感のあるサウンドがたまらない。
歌詞は踊っている女性に一目惚れした男性の心情が描かれている。「It’s up to you I’d like to fall in love with you」「どんな態度が君にいいのか分らないよ」と弱気な男性像が浮かぶ詞世界である。
メロディーや演奏が自分好みなだけに、もっと長い尺で聴きたかったと思ってならない。


「ムクが泣く」は関口和之が作詞作曲とボーカルを担当した曲。タイトルはビートルズの「ぼくが泣く」(原題「I’ll Cry Instead」)をもじったもの。フォークロックの要素を取り入れたバラードナンバー。繊細さを感じさせるメロディーやアコギが心に沁みる。とはいえ、英語詞で構成されたサビはかなり耳に残る。
歌詞は誰かを励ましているようなイメージのもの「Why am I so shy」と無口だという関口のキャラクターを思わせるフレーズが登場するのが印象的。素朴で優しいボーカルが歌詞の内容と合っている。
今では桑田と原以外のボーカル曲がほとんど無いだけに、貴重な一曲。


「朝方ムーンライト」は先行シングル「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」のB面曲。映画『モーニング・ムーンは粗雑に』の挿入歌。ブルージーな雰囲気を持ったミディアムナンバー。派手さは無いが、心に沁みるメロディーが展開されている。ギターやピアノの音色はメロディーに寄り添い、その魅力を引き立てる。
歌詞はすれ違いが生じてしまったカップルの姿が想像できるもの。「誰よりも好きな人になって 見つめあえることを夢見る」という歌詞が切なく響く。結局この二人は関係を戻すことができたのだろうか…?
地味と言ってしまったらそれまでだが、曲そのものの持つ渋い佇まいに魅かれた。


「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」は先行シングル曲。映画『モーニング・ムーンは粗雑に』の主題歌。サザン史上最も売れなかったシングルという不名誉な称号を持っているが、曲自体は爽快なロックナンバー。力強いギターサウンドが曲を牽引しているほか、EVEによると思われるパワフルな女性コーラスも曲を盛り上げている。
歌詞はサブタイトルの通り、ビッグスターの心情を代弁したようなもの。サブタイトルはバグルスの「ラジオ・スターの悲劇」をもじったものだろうか?「Dustin Hoffman」「Eric Clapton」「Yoko Ono」とビッグスターの名前に加え、ジョン・レノンを射殺した「Mark Chapman」の名前も出てくる。
この曲だけ直球なロックナンバーなので、ジャズやブルースの要素を取り入れた曲が多い今作の中では浮いている感じがする。


「栞のテーマ」は今作発売後にシングルカットされた曲。映画『モーニング・ムーンは粗雑に』の挿入歌に始まり、様々なタイアップがついた。3拍子によるロッカバラード。跳ねるようなピアノによるイントロから既に名曲を予感させる。全編に渡って一切隙の無い、切なく美しいメロディーには聴き入るのみ。終始ピアノが前面に出ているが、それがメロディーやボーカルにこれ以上無いほど合っている。
歌詞は恋人がいる女性に片想いした男性の心情を描いたものだと解釈している。ちなみに、「栞」はタイアップ相手の映画に登場する女性の名前。「心にいつもアナタだけを映しているの」というほど相手を想っているが、結局は上手くいかなかったのだろう。
貫地谷しほり、玉井詩織、佐藤栞里など、この曲から「しおり」という名前をつけられた芸能人もいるようだ。一般の人ならさらに多いと思われる。ヒットこそしなかったが、それだけファンの心を掴んだ名バラードだと言える。


現在は2008年リマスター盤も出回っているのでそちらを入手することをおすすめする。
前述した通りジャズやブルースの色が強いため、全体を通して渋くて大人びた作風である。ベスト盤収録の「栞のテーマ」のイメージで今作を聴くとかなりのギャップを感じることと思われる。ただ、その渋さこそが今作の一番の特徴であり魅力である。一度聴いただけで好きになれるような強い曲はあまり無い。かといって、とっつきにくい曲ばかりでもない。だからこそ、何度でも聴きたくなるような作品になっていると思う。

★★★★☆