本日で平成→令和の改元から1年となりました。丁度良い機会ということで、昨年やり損ねた「#ベスト平成アルバム」の企画をやります。

1989年(平成元年)から2019年まで、その年リリースの作品で一番好きな作品を1作ずつ挙げていき、手短なコメントを添える形で行います。アーティスト被りはありで。

2019年については、「平成31年」の期間中であった4月30日までにリリースされた作品を対象とします。

あくまで現時点のものなので、気分や新たに出逢った作品次第でいくらでも変わってくるでしょう。ただ、このタイミングの記録として残しておきたいと思ったので。

それでは本題に入ります。



・1989年(平成元年)


高野寛「RING」

FullSizeRender


高野寛の2ndアルバム。キャッチーなのにどこかひねくれたメロディーが冴え渡る名盤です。どの曲も一度聴いたら離れない。アコースティックサウンドを主体としつつ、絶妙なバランスでデジタル要素を取り入れたサウンドにも相当な聴きごたえがあります。高野寛のアルバム単位での最高傑作だと思っています。



・1990年(平成2年)


岡村靖幸「家庭教師」

image


岡村靖幸の4thアルバム。初めて聴いてから5年ほど経ちましたが、凄まじい熱量と狂気にはいつ聴いても圧倒されますね。こじらせてばかりだった中学時代に出逢えて良かったと思います。深夜に一人でこっそり聴きながら妄想していることは5年前も今も何も変わっちゃいません。



・1991年(平成3年)


谷村有美「愛は元気です。」

image


谷村有美の5thアルバム。僕にとってはガールポップの原点にして頂点と言える作品。西脇辰弥によるやたらと洗練されたアレンジが大好きです。

タイトル曲には何度となく励まされてきました。生涯のベストソングを決めるとしたらトップ5には必ず入るくらい好きな曲。…アルバムというよりタイトル曲の話になってしまいました。まあいいや。



・1992年(平成4年)


SING LIKE TALKING「Humanity」

image


SING LIKE TALKINGの5thアルバム。セールス面でも飛躍を遂げた出世作。とにかく幅広い音楽性を誇るSLTですが、彼らの楽曲の魅力は全て今作に詰まっていると言っていいです。どの曲もとにかくメロディーが強過ぎる。中古屋から早急に救い出してほしいです。



・1993年(平成5年)


小沢健二「犬は吠えるがキャラバンは進む」

image


小沢健二の1stアルバム。フリッパーズ・ギター解散後、ソロとしての1stアルバム。次作から聴いたので、フォークロック色の強い今作の作風には面食らいました。ただ、後にも先にも今作にしか無い無骨さがたまりません。次作の方が好きですが、こちらも大好き。



・1994年(平成6年)


小沢健二「LIFE」

FullSizeRender


小沢健二の2ndアルバム。今作に出逢った中3の頃は「邦楽 名盤」で検索してばかりでしたが、今作はそれで見つけた中で一番の収穫でした。以前ほど聴かなくなりましたが、作品全体に溢れる多幸感にいつ聴いてもやられます。聴いていればいつだって僕は王子様。幸せ。



・1995年(平成7年)


MY LITTLE LOVER「evergreen」

image


MY LITTLE LOVERの1stアルバム。中3の頃に聴いて以来、一番好きなアルバムという位置は揺らぎません。「Hello,Again〜昔からある場所〜」を聴きたいからというだけで買った当時の僕を本気で褒めたいですね。

小沢健二の「LIFE」もそうですが、これほどの名盤を250円で売ってくれた僕の地元のブックオフには感謝しか無いです。ここまで幸せな250円の使い道あるか?



・1996年(平成8年)


Mr.Children「深海」

image


Mr.Childrenの5thアルバム。全編通して全く無駄のない繋がりの良さと、徹底した暗さ。今作も中3の時に聴きましたが、初めて聴いた時にはとてもミスチルの作品とは思えなかったのを覚えています。自分にとっては、どこまでも精神的に沈んでいくために聴く作品です。幸か不幸か、最近は今作を聴きたくなるような精神状態になることはありません。次はいつ「深海」に沈められるのでしょう…



・1997年(平成9年)


SING LIKE TALKING「Welcome To Another World」

image


SING LIKE TALKINGの9thアルバム。Cat Grayと制作された最後の作品。「Humanity」と並んで、SLTの楽曲の魅力が思い切り詰め込まれている作品です。今作がデビュー当初からのSLTの到達点で、今作以降は音楽的に挑戦しつつも安定期に入っていったように思います。



・1998年(平成10年)


the pillows「LITTLE BUSTERS」

image


the pillowsの6thアルバム。前作「Please Mr.Lostman」で確立したオルタナロック路線をさらに突き詰めた作品。前作ほどではないですが、中々に暗いです。ただ、それでも物凄くポップ。全体を通して、確かな強さを持ったメロディーが揃っています。



・1999年(平成11年)


ZARD「永遠」

FullSizeRender


ZARDの8thアルバム。今までと何ら変わらないポップさがバンドサウンド主体のアレンジによってさらに強められた作品。半ベスト的な内容も相まって、一曲一曲の完成度も凄まじい。自分はZARDは90年代J-POPの象徴のような存在だと思っているのですが、それだけの曲が揃っています。



・2000年(平成12年)


堂島孝平「黄昏エスプレッソ」

image


堂島孝平の6thアルバム。今でもポップ職人的な存在ですが、3rd「トゥインクル」(1997)〜今作辺りまでは神懸かりレベルで名曲・名盤を量産していました。その時期の作品の中でも、シティポップやソウルのテイストが特に強い今作が特に好きです。聴き流しているだけで本当に幸せ。



・2001年(平成13年)


TOKIO「5 AHEAD」 

AFC744CF-7476-48F5-B046-F7C9400A1477


TOKIOの7thアルバム。ユニバーサルミュージックに移籍してから初めてのオリジナルアルバムにして、一気にロックバンドとしての姿を押し出した作品。これまでの作品よりも格段にロック色が強くなりましたが、それと共にポップ性も格段に高まりました。TOKIOの音楽性の転換点にして、キャリア屈指の名盤。



・2002年(平成14年)


スピッツ「三日月ロック」

image


スピッツの10thアルバム。現在に至るまで続く亀田誠治とのプロデュース体制が始まった作品。シングル曲以上に「夜を駆ける」「エスカルゴ」「けもの道」を始めとしたアルバム曲が好き過ぎる。ポップ・ロックのどちらも見事なバランスでまとまっており、2000年代に入ってからのスピッツの最高傑作だと思っています。



・2003年(平成15年)


田中理恵「24 wishes」

FullSizeRender


田中理恵の2ndアルバム。透明感のある美しい歌声の持ち主ですが、その魅力を活かした曲が並んでいます。かの香織や高浪敬太郎といった渋谷系関連のミュージシャンが多数参加したためか、どの曲にもお洒落なポップ感があります。女性声優と渋谷系サウンドの親和性の高さは近年になってよく言われていますが、その先鞭をつけた作品の一つではないかなと。



・2004年(平成16年)


BUMP OF CHICKEN「ユグドラシル」

FullSizeRender


BUMP OF CHICKENの4thアルバム。今まで通りの疾走感のあるギターロックに加え、重厚感のあるスローな曲も増えた充実作。優しく響きながらも心に刺さる歌詞にも魅かれます。聴く度に良いと感じる歌詞が変わる感覚があります。ニワカながら、好きな曲のトップ2(「ロストマン」「オンリーロンリーグローリー」)が収録されていることもあり、バンプのアルバムの中で一番好きな作品です。



・2005年(平成17年)


浜田省吾「My First Love」

image


浜田省吾の17thアルバム。彼にとっての「初恋」であるビートルズの楽曲に影響を受けた、シンプルかつ最高に聴き心地の良いロックンロール・ポップスが並んだアルバム。浜田自身の年齢を反映したような、叙情的なバラードナンバーも見事。浜田の自信作でもあるようで、それにふさわしい充実感に溢れた名盤です。



・2006年(平成18年)


ROUND TABLE featuring Nino「Nino」

IMG_4604


ROUND TABLE featuring Ninoの2ndアルバム。収録曲の大多数にアニメ関連のタイアップがついたというベスト盤的な内容の作品。それだけあって、一曲一曲が凄まじくキャッチー。北川勝利も伊藤利恵子もメロディーがキレッキレです。Ninoの可愛らしい歌声にも魅かれます。ポスト渋谷系のシーンを代表する名盤でしょう。



・2007年(平成19年)


くるり「ワルツを踊れ Tanz Waltzer」

image


くるりの7thアルバム。「ロックとクラシックの融合」をテーマに、ウィーンとパリでレコーディングされた作品。オーケストラがフィーチャーされていますが、本来のバンドサウンドと共存しています。キャリアを通じて音楽的に様々なアプローチをしてきたくるりですが、この時の路線は特によく合っていたように思います。



・2008年(平成20年)


いきものがかり「My song Your song」

FullSizeRender


いきものがかりの3rdアルバム。シングル・アルバム通じて初のチャート1位を獲得したヒット作。グループの存在が段々と大きくなる中でリリースされただけあって、確かな勢いと充実感がある作品です。シングル曲もアルバム曲もひたすら王道J-POPそのもの。この普遍性こそいきものがかり。



・2009年(平成21年)


andymori「andymori」

image


andymoriの1stアルバム。全編通して勢いのある切れ味鋭いロックナンバーが次々と並び、「すごい速さ」で駆け抜けていくアルバム。歌詞も短い中に詰め込まれたような印象がありますが、その中にはとても内省的な歌詞もあり、そのギャップに引き込まれること請け合い。1stならではの初期衝動に溢れた名盤。



・2010年(平成22年)


andymori「ファンファーレと熱狂」

image


andymoriの2ndアルバム。基本的な作風は前作とさほど変わりませんが、全体的には前作よりも少し洗練された印象があります。激しく性急なロックナンバーか繊細なバラードかの両極端な音楽性ですが、この小細工無しの直球勝負と言いたくなるような姿勢がたまりません。



・2011年(平成23年)


東京女子流「鼓動の秘密」

FullSizeRender


東京女子流の1stアルバム。松井寛によるファンキーなサウンドが終始に渡って展開され、楽曲派アイドルファンからの絶大な支持を集めた作品。ただ、メロディー自体はあくまで親しみやすいアイドルポップそのもの。マニアックなサウンドと親しみやすい曲やボーカルとのバランス感覚が素晴らしい作品です。



・2012年(平成24年)


中島愛「Be With You」

FullSizeRender


中島愛の2ndアルバム。可愛らしく透明感がある、それでいて芯のある歌声の魅力を生かすような、様々なテイストの曲が集められた作品。キャリア問わず実力のある作家たちに恵まれたためか、いつでも聴けるような普遍性や強さを持ったメロディー・サウンドが揃っています。バラードが多めでも、曲の質の高さやボーカルの表現力、構成の上手さで全く飽きることなく聴けてしまうのが今作の凄さ。



・2013年(平成25年)


花澤香菜「claire」

FullSizeRender


花澤香菜の1stアルバム。ROUND TABLEの北川勝利がサウンドプロデュースを手がけ、渋谷系〜ポスト渋谷系関連のミュージシャンが多数参加した作品。激しさや派手さは抑え、歌声の魅力を引き出すようなソフトでお洒落な曲やサウンドが集まっています。1曲単位よりもアルバムの流れで通して聴きたくなる充実作。



・2014年(平成26年)


Dorothy Little Happy「STARTING OVER」

0C131EF8-4417-46D8-B9C6-71D02AD354D6


Dorothy Little Happyの2ndアルバム。AKB48の「神曲たち」と並び、僕がアイドルポップ好きになるきっかけとなった作品でもあります。ブログでも扱いましたが、今まででもトップクラスで熱く語った内容です。アイドルポップを聴き始めて以来、ここまで一曲一曲の完成度も流れの良さも突出したアルバムには出逢ったことがありません。

最後に。入手する時は6曲入りの廉価版となっているタイプC以外を手に取ってください。



・2015年(平成27年)


浜田省吾「Journey of a Songwriter〜旅するソングライター〜」

image


浜田省吾の18thアルバム。前作「My First Love」からは実に10年振りのリリース。タイトル通り、世界中を旅した経験が歌詞に反映された曲もあります。60代を超えてもなお衰えないメロディーセンスと歌声には脱帽するのみ。サウンド面で様々なアプローチがされていることもあり、全17曲・75分という大作ながら全く長さを感じません。

自分が浜田省吾のファンになって初めてリリースされたアルバムということもあり、そうした意味でも思い入れが強いです。



・2016年(平成28年)


サニーデイ・サービス「DANCE TO YOU」

image


サニーデイ・サービスの10thアルバム。サニーデイ史上最長の制作期間を経て作られた作品。ダンスミュージックに傾倒した作風ですが、正直なところ初めて聴いた時はよくわかりませんでした。それなのに、何故かクセになって何度も聴き、気付いたら大好きな作品になっていました。ポップな中にどこか陰があり、異様なまでの中毒性があり…聴き流していたつもりだったのにいつの間にか飲み込まれているような怖さがあります。



・2017年(平成29年)


ASKA「Too many people」

FullSizeRender


ASKAの8thアルバム。薬物事件からの復帰後初のオリジナルアルバム。前作「SCRAMBLE」も相当に力の入った作品でしたが、今作はそれ以上でした。聴く人を選ばない多彩な曲調が揃っています。過去のソロ作品、チャゲアス時代の作品を含めても今作が特に好きです。今がASKAの全盛期なのでは?と思わされたほど。やはりこの人は凄い。



・2018年(平成30年)


水瀬いのり「BLUE COMPASS」

FullSizeRender


水瀬いのりの2ndアルバム。初のライブを行った後に制作されたためか、前作「Innocent flower」にも増してライブを意識したような勢いのある曲が多く並んだ作品。今作に限ったことではないですが、とにかく曲に恵まれているなと思います。可愛らしさ、力強さ、透明感など歌声の魅力をこれ以上無いほど引き出してくれています。控えめに言って最高。



・2019年(平成31年)


THE TEETH「THE TEETH」

FullSizeRender


THE TEETHの1stアルバム。彼らは無名のネオアコユニットですが、約20年前に制作されてお蔵入りになっていた作品が発掘された形。

どこか懐かしく温かい、休日の昼下がりのような雰囲気を持った曲たちが揃っており、これほどの作品が埋もれてしまっていたのかと思わされます。ギターポップ・ネオアコ〜ソフトロックが好きな方ならハマるはず。



…以上となります。一部の年を除いて、かなり前にやった「○○年代私的ベストアルバム」と大して変わらない結果となってしまった感じがします。それだけ根本的な部分が変わっていないということなのでしょう。

これからも新旧問わず数多くの好きな作品に出逢えることを願って、今回の記事を終えます。



【おまけ(試聴用)】

上記の作品から好きな曲を抜粋してプレイリストを作りました。Spotifyを使っている方はぜひ。

FullSizeRender


https://open.spotify.com/playlist/5fvd77OG7tBsuxKZ14BKN4?si=ZK_2YypLS9iWwkjoMjsq9w



【未配信のためプレイリストに入れることができなかった作品】

・小沢健二「犬は吠えるがキャラバンは進む」(1993年)

・ZARD「永遠」(1999年)

・TOKIO「5 AHEAD」(2001年)

・田中理恵「24 wishes」(2003年)

・花澤香菜「claire」(2013年)

・ASKA「Too many people」(2017年)

・THE TEETH「THE TEETH」(2019年)


※ROUND TABLE featuring Nino「Nino」(2006年)と中島愛「Be With You」(2012年)はアルバム全体で配信されていませんが、収録曲の一部が配信されているため、プレイリストに含めています。