小沢健二
1994-08-31

【収録曲】
全曲作詞作曲編曲 小沢健二 
6.作詞作曲編曲 小沢健二/光嶋誠/松本真介/松本洋介
プロデュース 小沢健二 
6.小沢健二&スチャダラパー 

1.愛し愛されて生きるのさ ★★★★★
2.ラブリー ★★★★★
3.東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー ★★★★☆
4.いちょう並木のセレナーデ ★★★★★
5.ドアをノックするのは誰だ? ★★★★☆
6.今夜はブギー・バック(nice vocal) ★★★★☆
7.ぼくらが旅に出る理由 ★★★★★
8.おやすみなさい、仔猫ちゃん!★★★☆☆
9.いちょう並木のセレナーデ(reprise) インストなので省略

1994年8月31日発売
イーストワールド/東芝EMI
最高位5位 売上78.0万枚 

小沢健二の2ndアルバム。先行シングル「今夜はブギー・バック(nice vocal)」「愛し愛されて生きるのさ/東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー」を収録。今作発売後に「ラブリー」「ドアをノックするのは誰だ?」「ぼくらが旅に出る理由」がシングルカットされた。「ぼくらが旅に出る理由」はシングルバージョンとして、「いちょう並木のセレナーデ」はC/W曲としてカットされている。全9曲のうち7曲がシングルカットされたということになる。LPレコード盤も発売された。

前作から約11か月のスパンでリリースされた。前作の重いフォーク・ロック的な内容とは打って変わってソウルやヒップホップを取り入れたポップスを主とした内容である。出世作と言える「今夜はブギー・バック」を収録し、自身最高のセールスを記録したヒット作。
東京スカパラダイスオーケストラのメンバーが演奏、アレンジに参加しており、ホーンセクションを使用した曲が多い。

「小沢健二」が「オザケン」へと姿を変え、王子様キャラとしてブレイクしていく過程のアルバム。そのためかテンションの高いラブソングが多く、彼のアルバムの中でも最も聴きやすい。しかしながら歌詞は今まで通り文学的そのもの。

タイトルの「LIFE」は生活、人生を意味するが、本人曰く「法律用語のライフ契約から取った」とのこと。どうやらこのライフ契約というものは「存続」を意味しているらしく、生きている限り続いていくものというような意味合いがあるようだ。そのためか、「続いていく」というような歌詞が多い。そして、アルバム全体から異様なまでの多幸感が溢れている。管理人もこのアルバムを聴くたびにその多幸感を受け取ったような気分になる。


「愛し愛されて生きるのさ」は今作のオープニングを飾る先行シングル曲。2004年にはカゴメ「野菜生活Soft」のCMソングに起用された。シンプルなメロディーの中に言葉が詰め込まれている。美しい情景描写が展開されている。大好きな恋人のもとへ急いで行こうとする主人公の姿が何とも印象的。


「ラブリー」は今作発売後にシングルカットされた曲。小沢健二の代表曲と言ってもいいかもしれない。ハイテンションなこの曲はある意味アルバムのタイトル曲とも言える。何度も繰り返される「LIFE IS COMIN' BACK 僕らを待つ」という一節は幸せさがこれ以上無いほどに強調されている。2013年には倖田來未にカバーされた。


「東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー」は先行シングル曲。「愛し愛されて生きるのさ」と両A面だった。小沢の楽曲の中で最もタイトルが長い一曲。東京を舞台にしたカップルの歌。浮かれちゃってるなあと思ってしまう恥ずかしさすら感じさせる歌詞が良い。ホーンアレンジが楽曲に良いアクセントになっている。


「いちょう並木のセレナーデ」はカップルが別れる姿を描いた曲となっている。このアルバムの中では明らかに異なる雰囲気を醸し出している。それも収録されているのが9曲中の4曲目。何故そのような曲をアルバムの真ん中に据えたのかがとても気になる。管理人は人生は幸せばかりではないということを強調したかったと解釈している。楽曲そのものはライブテイクであるが、そもそもスタジオ録音がされていない曲らしく、シングルカットされた際も別のライブテイクであった。珍しく生歌が安定している。


「ドアをノックするのは誰だ?」は再び幸せ感溢れる一曲。サビの歌詞「誰かにとって特別だった君をマークはずす飛び込みで僕はサッと奪いさる」つまり、略奪である。しかしながら恐ろしい程にラブラブな描写がされている。まあ二人が幸せなら良いと思う。
悲しみを乗り越えた先にあるものはやはり幸せだったということだろうか。
今作の発売後にシングルカットされた。


「今夜はブギー・バック」は先行シングル曲。スチャダラパーとコラボした一曲。小沢の出世作と言える大ヒット作にして、ヒップホップ界で今も輝き続ける名曲。このアルバムの他のラブソングは彼女とデートしているような光景が想像できるものだが、この曲だけはその先の夜をイメージさせる歌詞となっている。名曲なのは確かだが、アルバムの中では少し浮いた印象がある。多くのアーティストによってカバーされている。


「ぼくらが旅に出る理由」は旅に出る主人公と恋人を描いた一曲。管理人はこれを聴く度に何処かへ旅したくなる。「そして毎日はつづいてく 丘を越え僕たちは歩く 美しい星におとずれた夕暮れ時の瞬間 せつなくてせつなくて胸が痛むほど」というフレーズは名言。東京スカパラダイスオーケストラによるホーンが高揚感を演出する。今作の発売後にシングルエディットでシングルカットされた。


「おやすみなさい、仔猫ちゃん!」は聴いているだけで眠くなるような一曲。とは言っても退屈という訳ではない。とても心地良いサウンドなのである。子供のコーラスが可愛らしく、楽曲のゆったり感を強調している。ちなみに、仔猫ちゃんというのは本当の猫のことではなく、小沢ファンの女性に対しての小沢本人の呼び方である。流石は王子様。


アルバムの最後を飾るのは、「いちょう並木のセレナーデ」のオルゴールによるリプライズ。一つの物語が終わるような優しいオルゴールのサウンド。この曲がアルバムの中で担う役割はとても大きいものがある。


ある種伝説のような存在となってしまっている小沢健二だが、渋谷系音楽を語る上で彼の存在は欠かすことができない。このアルバムはヒット作ということもあってか、とても簡単に入手できる。安価で入手できる名盤である。

渋谷系音楽のみならず日本のポップス史にも残る名盤だと思う。ラブソングが殆どではあるが、恋人とは無縁な管理人でも楽しめるので御安心を。歌詞からは1990年代中頃の東京の姿も垣間見える。是非ともこれを聴きながら街を見てほしい。平凡な日常が輝くような感覚を味わえる。

★★★★★+2