スピッツ
2002-10-16


【収録曲】
全曲作詞作曲 草野正宗
全曲編曲 笹路正徳&スピッツ
プロデュース 笹路正徳&スピッツ

1.ハチミツ ★★★★★
2.涙がキラリ☆ ★★★★★
3.歩き出せ、クローバー ★★★★☆
4.ルナルナ ★★★★☆
5.愛のことば ★★★★★
6.トンガリ'95 ★★★★☆
7.あじさい通り ★★★★☆
8.ロビンソン ★★★★★+2
9.Y ★★★★☆
10.グラスホッパー ★★★☆☆
11.君と暮らせたら ★★★★☆

1995年9月20日発売
2002年10月16日(リマスター盤発売)
2008年12月17日(SHM-CD盤発売)
ポリドール(オリジナル盤)
ユニバーサルミュージック(2002年リマスター盤、2008年SHM-CD盤)
最高位1位 売上約169.0万枚

スピッツの6thアルバム。先行シングル「ロビンソン」「涙がキラリ☆」を収録。前作「空の飛び方」からは1年振りにリリースされた。オリジナル盤の初回盤は三方背BOXケース入り仕様。
2015年12月23日にはこのアルバムの収録曲全曲を他のアーティストがカバーしたトリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~」がリリースされた。

今作はスピッツのオリジナルアルバムの中で最多の売上を記録したアルバム。「ロビンソン」「涙がキラリ☆」のシングルの売上に押されたためだろう。

今作はスピッツのセールス的な全盛期を象徴するようなポップさや爽やかさに溢れたアルバム。世間が思うスピッツの楽曲像は大体このアルバムに収録されているような曲ではないだろうか。そのため、スピッツの楽曲の大きな魅力の一つと言える毒や鋭さはあまり無い。
11曲収録で収録時間は42分程度と極めてコンパクト。ほぼ全曲が3分~4分で、あっという間に終わってしまうような勢いがある。一番長い「あじさい通り」も5分と少し。

今作はメンバーにとっても自信作だった。しかし、今作以降は今作を超えようというプレッシャーにかかったような状態になり、音作りについて試行錯誤していくこととなる。特に草野マサムネにとっては今作が壁のように立ちはだかる存在となっていたようだ。


「ハチミツ」は今作のオープニングを飾るタイトル曲。アニメ『ハチミツとクローバー』の挿入歌に起用された。原作の羽海野チカがスピッツのファンであり、作品名は今作のタイトルからも取ったもののようだ。サビ以外が変拍子で構成されているため、今までに無い曲ということで「珍曲」という仮タイトルだった。PVも製作されており、ふわふわした可愛らしい楽曲のイメージに合ったものとなっている。スピッツの王道と言える爽やかなポップナンバー。透き通るような音色のギターサウンドは絶品。歌詞は「素敵な恋人」に出逢えた人の喜びを描いたものだと解釈している。一人むなしく生きていたが、「心さらけ出せる」存在に出逢った。「意地っ張り シャイな女の子」という相手の人物像にも魅かれる。 ビスケットとハチミツのように、相性の良い二人なのだろう。ポップで爽やかを極めたようなメロディーやサウンド、微笑ましい詞世界共に大好き。タイトル曲にふさわしい存在感があると思う。


「涙がキラリ☆」は先行シングル曲。TBS系音楽番組『COUNT DOWN TV』のオープニングテーマ、シャープ「シャープMD」のCMソングに起用された。ミリオン寸前の98万枚を記録するヒットとなった。七夕の日にシングルがリリースされたためか、星をテーマにした曲。ポップで爽やかなメロディーが展開されているが、サウンドは骨太なギターサウンドが前面に出ている。イントロでの歪んだギターサウンドはただのポップな曲にはしない!という想いが伺えるようだ。
歌詞は星を眺めるカップルを描いたもの。草野マサムネはクリスマスより七夕の方がロマンチックと発言しているが、その思想がよく表れた詞世界となっている。しかし、「目覚めてすぐのコウモリ」「浮かんで消えるガイコツ」という不気味なフレーズ、「本当はちょっと触りたい」という変態なフレーズも登場する。その辺りにはいつも通りのスピッツが感じられる。この曲の歌詞で一番好きなのは「君の記憶の片隅に居座ることを今決めたから」という歌詞。管理人のいつかは言ってみたい歌詞ランキングに入ってます。 セールス的な全盛期のスピッツの魅力を凝縮したような印象の曲。当然大好きな曲。


「歩き出せ、クローバー」はここまでの流れを受け継いだ、爽やかなポップナンバー。草野マサムネは映画『フォレスト・ガンプ』の影響を受けてこの曲を作ったという。この曲でも透明感のあるギターサウンドが展開されている。この頃の草野マサムネはレコーディングの際にギターを弾いていなかったが、イントロでギターを弾いている。今作で草野がギターを弾いているのは今作のみ。Aメロでの歌詞とメロディーのぴったり感がたまらなく好き。歌詞はメッセージ性の強いものとなっている。「生きること」をテーマにしている。当時は阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件があったためである。「クローバー」は幸せの象徴として描かれている。悲しみを乗り越えて再び歩き出せるような力強さと優しさを持った曲だと思う。


「ルナルナ」は先行シングル「涙がキラリ☆」のC/W曲。「涙がキラリ☆」とはギリギリまでA面を争っていたようだ。両A面にする案や「涙がキラリ☆」の直後にシングルでリリースする案があったという。タイトルだけ見ると某女性用サイト(アプリ?)を彷彿とさせるが、手塚治虫の『ブラック・ジャック」に出てくる白いライオンの子供から取られている。響きが良いから使ったとのこと。
ポップなメロディーと複雑なバンドサウンドが絡み合うスピッツの王道ナンバー。特にベースラインは聴きながら追いたくなってしまう。正直歌詞の意味はわからない。幸せな日々を夢見て、誰かに想いを寄せる人を描いたものだと解釈している。特に「羊の夜をビールで洗う」という歌詞はどこかおしゃれで好き。A面候補だっただけあって、捻くれた雰囲気が漂いつつも親しみやすい曲になっている印象がある。


「愛のことば」はシングル候補だったというドラマチックなバラードナンバー。発表から実に19年後の2014年放送のフジテレビ系ドラマ『あすなろ三三七拍子』の主題歌に起用され、2014年バージョンとしてリミックスを施して配信された。配信限定という形ではあるがシングル化が叶ったということになる。爽やかなメロディーには思わず身を委ねたくなるような心地良さがある。力強さと透明感を併せ持ったギターサウンドは絶品。サビのメロディーよりもサビ前の「昔あった国の映画で〜」の部分のメロディーの方が好き。不思議と高揚感がある。そのような曲ではあるが、どこかおどろおどろしい歌詞が並んでいるのが印象的。反戦歌という解釈もある。 「限りある未来を搾り取る日々」「煙の中」「青い血」「焦げくさい街の光」「ペットボトルで砕け散る」といったフレーズが顕著だろう。戦場の中で恋人を探し求めている光景が浮かんでくる。 メロディー、サウンド、歌詞とどれを取っても大好きな曲。長らく隠れた名曲扱いされていたのも頷ける。


「トンガリ'95」はここまでの流れを変えるようなロックナンバー。疾走感溢れるメロディーと暴れまわるようなバンドサウンドとの絡みは最高に格好良い。歪んだギターサウンドはスピッツがただのポップバンドではないことを主張しているかのよう。ライブの定番曲というのも何ら違和感がない。スピッツという単語はドイツ語で「尖っている」という意味がある。「尖っている」とサビで連呼するこの曲は当時のスピッツのテーマソングのような存在だったのだろう。歌詞の意味はよくわからない。衝動に満ちた詞世界になっているとは思うが。スピッツはロックバンドということを再認識させてくれるような曲だが、アルバムの中では少し浮いているような印象がある。


「あじさい通り」は再び流れを落ち着けるようなバラードナンバー。今作のCMでBGMとして起用されたという。今作の中で最も長尺な曲ではあるが、5分10秒程度。気だるい雰囲気溢れる曲調やボーカルが特徴的。ところどころ使われる木琴の音色が曲に良いアクセントをつけている。曲全体を通して鳴っている「てってってってってれれれ〜」というような音はやたら耳に残る。どう表現したらいいか悩んだ末にそう表記したが、聴けば分かるはず。その部分は紙ふうせんの「冬が来る前に」の間奏に似ていると思う。歌詞は冴えない日々を送る男性が、ある女性に出逢って変わる様子を描いたもの…と解釈している。「今を手に入れる」というフレーズには主人公の男性の想いがこもっているようである。雨の日に物思いに耽りながら聴きたくなるようなまったりした曲。


「ロビンソン」は先行シングル曲。フジテレビ系バラエティ番組『今田耕司のシブヤ系うらりんご』のエンディングテーマに起用された。スピッツの名を広めることになった出世作にして、シングルでは自身最高の売上を記録した名曲。タイトルはロビンソン百貨店から取られているが、特に意味は無い。爽やかながらもどこか切ないメロディーが心地良いポップナンバー。イントロのアルペジオは何度聴いても鳥肌が立ってしまう。歌詞の意味ははっきり言ってよくわからない。何度聴いても意味がわからない。しかし、歌詞の意味を考察するのもスピッツの曲の楽しみ方の一つ。いつかは歌詞の意味を解き明かしたいと思って聴き続けている。
草野マサムネはポップ過ぎるという理由でこの曲をシングルにするのを躊躇ったようだが、結果は史実の通り。作り手と聴き手の意見は必ずしも一致しないようである。スピッツの最高傑作と言っても良い、圧倒的な完成度を誇る一曲。売れるべくして売れた曲だろう。管理人が生涯に聴いた全ての曲の中でも一番好きな曲。
この曲については、こちらの記事でも熱く語っているのでこちらも読んでいただきたい。


「Y」はここまでの流れをぐっと落ち着けるようなバラードナンバー。後にフジテレビ系ドラマ『白線流し』の挿入歌、アニメ『ハチミツとクローバー』の挿入歌にも起用された。タイトルは分かれ道を現した記号的なものだが、メンバー曰く他にも意味があるという。静謐な雰囲気に満ちた曲となっている。草野のボーカルから始まるという構成もどこか荘厳な雰囲気を感じさせる。音の数も少なく、草野のボーカルを引き立てている印象。サビになると入ってくる繊細なアコギの音色は鳥肌が立つような美しさがある。歌詞のテーマは別れ。かなり暗い感じなので最早普通の別れとも解釈し難い。ただ、ところどころにポジティブな歌詞もある。この曲もまた、阪神淡路大震災の影響を受けたものだと思う。 鎮魂歌であり、復興を応援する曲でもあるのかもしれない。


「グラスホッパー」はここまでの流れを変えるようなロックナンバー。「グラスホッパー」は英語でバッタを意味する。2001年以降スピッツは事務所のRoad&Skyの中にGrassHopperという新たなマネージメント事務所を設立し、所属しているが、事務所名はこの曲から取られている。アップテンポで跳ね上がるようなメロディーやバンドサウンドが展開されている。メンバーが楽しんで演奏している姿が浮かんでくるようである。歌詞はどことなく変態な雰囲気を感じさせるもの。 「こっそり二人裸で跳ねる 明日はきっとアレに届いてる」「抱き上げて愛撫する」といった歌詞がそのイメージをさらに強めている。穿った解釈をしなければ応援歌とも取れると思うが…勢いに溢れたこの曲が終盤に配置されたことで、今作がさらに活気付いているような感覚がある。


「君と暮らせたら」は今作のラストを飾る曲。透明感溢れる繊細なアコギの音色が前面に出ている。ポップではあるが、何故かしっとりとした感じのするメロディーが展開されている。どことなく懐かしさが漂っている。歌詞は恋人たちの幸せな姿が浮かぶようなものとなっている。…が、「今日も眠りの世界へとすべり落ちていく」という歌詞で全てを叩き落とす。つまりは妄想です。確かに寝る前は色々妄想したくなるよなあ… この曲がラストに配置された理由は「ここからもう一度スタートする感じで終わりたかったから」らしいが、確かにそのような感覚がある。もう一度今作を聴きたくなること請け合いだろう。


大ヒット作のため中古屋でもよく見かける。現在ではリマスター盤も出回っているため、そちらを聴くことをおすすめする。
全編通して極めてポップで聴きやすく、ライトリスナーも手に取りやすい作品だと思う。シングルコレクションを聴いた後、最初に聴くオリジナルアルバムとしては最適。「全曲がシングルカットできるようなアルバム」というフレーズはよく使われるが、今作はそう言ってもいいような作品だと思う。可愛らしいアートワークも今作の強み。
一曲一曲の完成度、曲順共に素晴らしく、スピッツの到達点だと思っている。聴く度に新たな魅力を発見できるような作品であり、管理人の中ではスピッツの最高傑作。全てのアーティストの作品の中でも特に好きな作品として名前を挙げる。90年代J-POP屈指の名盤と主張したい。これからも聴き続けることだろう。

★★★★★