くるりは1996年に結成され、1998年にメジャーデビューしたロックバンドです。

メンバーはボーカル、ギターの岸田繁、ベースの佐藤征史、トランペットのファンファンです。

↑メガネが岸田繁、中央が佐藤征史、女性がファンファン


【メンバーの変遷】
メンバーは何度も変更を繰り返していますが、現時点ではこのメンバーとなっています。
↑メンバーの変遷
結成当時のメンバーは岸田繁、佐藤征史、森信行でした。


【バンド名について】
バンド名の由来は結成当時の京都市営地下鉄の案内板の矢印が「くるり」とした感じだったからとのことです。岸田の鉄道好きがわかるエピソードと言えます。メンバーチェンジの激しさや多様な音楽性を考えると、本当にぴったり合ったバンド名だと思います。


【アルバムごとの音楽性の変化】
多様な音楽性と書きましたが、アルバムごとにジャンルやテーマが文字通りくるくると変わっています。
1stアルバム「さよならストレンジャー」はシンプルなフォークサウンドのロック、
2ndアルバム「図鑑」ではオルタナロック、 
3rdアルバム「TEAM ROCK」はテクノ、ダンスミュージック、
4thアルバム「THE WORLD IS MINE」ではエレクトロニカを中心にしたサウンド、
5thアルバム「アンテナ」ではシンプルなロックサウンドにジャズの要素を加え、
6thアルバム「NIKKI」は往年のブリティッシュロックサウンドに接近し、
7thアルバム「ワルツを踊れ」ではオーケストラとのコラボを果たし、
8thアルバム「魂のゆくえ」はテーマは特に無いながらも岸田の内省的な世界観が現れた曲が展開され、
9thアルバム「言葉にならない、笑顔を見せてくれ」では前作のようなメッセージ性の強い楽曲が展開され、
10thアルバム「坩堝の電圧」では全19曲という長尺の作品に、
現時点の最新アルバム「THE PIER」では多国籍なサウンド
 …とアルバムごとにかなり変わっているということがよくわかります。まさに「音楽の旅人」と言ったところでしょうか。

作風がかなり変化するため、ファンでも好きな楽曲やアルバムが割れることが多いです。メンバーチェンジも激しいため、どの時期の在籍メンバーが好きかというのも分かれます。様々な魅力を持っているということの証明です。そのためか、アルバムの最高傑作はベスト盤と真剣に主張するファンもいます。アルバムを通して聴くと少なからず捨て曲のような曲があるためだと思われます。意図的にそのような曲を収録しているのかもしれません。


【著名な楽曲】
誰もが知っているヒット曲というとあまり思いつきませんが、「ばらの花」「ワールズエンド・スーパーノヴァ」「赤い電車」等は比較的知名度があると思います。2007年から2014年にかけてチオビタドリンクのCMソングを手がけていたため、曲名は知らなくてもそちらでくるりの名前を知っているという方は多いかもしれません。


【同業者からの評価】
世間的にはそこそこ知られている程度ですが、サブカル的な人気があるバンドです。いわゆる「ロキノン系」バンドの象徴と言える存在です。ほぼ同期のナンバーガール、SUPERCAR、中村一義らと共にロックの世界に大きな影響を与えました。
9mm Parabellum Bullet、川谷絵音らはくるりの影響を受けたとされています。


【楽曲について】
楽曲はほぼ全曲岸田繁による作詞作曲です。独特な世界観を持った歌詞も特徴です。楽曲はその時その時に岸田が影響を受けた音楽をそのまま表現しているような感じですが、基本的にはロックが中心となっています。


【くるりの他の活動】
他の活動として、京都音楽博覧会を主催しています。音楽フェスですが、出演者は全てくるりがブッキングしています。今年で10回目の開催となります。岸田は京都精華大学客員教授に就任しました。


【まとめ】
入門としては、2006年にリリースされたベスト盤「ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER」がおすすめです。殆ど全ての代表曲が収録されています。そこから気に入った曲が収録されているアルバムを聴いていくと良いでしょう。

結成から20年を迎え、今もなお第一線で活躍し続けているバンドです。これからの活躍にもますます期待がかかっています。