フリッパーズ・ギターは1988年に結成され、1991年に解散した渋谷系音楽を代表するバンドです。

元々のメンバーは小山田圭吾(ボーカル、ギター)と井上由紀子(キーボード)の二人でした。次に吉田秀作(ベース)、荒川康伸(ドラム)が加わり、最後に小沢健二(ギター、サイドボーカル)が加わりました。当初のバンド名は「ロリポップ・ソニック」で、「フリッパーズ・ギター」と改名してデビューしました。

↑左が小山田圭吾、右が小沢健二


【著名な楽曲】
著名な楽曲は「恋とマシンガン」「GROOVE TUBE」等です。「恋とマシンガン」はドラマ『予備校ブギ』の主題歌に起用されてヒットし、解散後も日産『マーチ』のCMソング、『あさチャン!』のテーマソング等に使用されています。曲名までは知らなくてもイントロは様々な場面で使われているため、聴いたことがあるという方は多いと思います。


【フリッパーズ・ギターのアルバム】
1989年に当時としては珍しい全編英語詞によるアルバム「three cheers for our side~海へ行くつもりじゃなかった」でデビューしました。作詞は小沢健二が担当しています。しかし、デビュー直後に小沢が求めた音楽性の違いから井上、吉田、荒川が脱退したため、小沢と小山田の二人組となりました。


1990年に日本語詞による2ndアルバム「CAMERA TALK」をリリースしました。このアルバムによってマニアな層のみならず、一般層にもフリッパーズ・ギターの名前が知られるようになりました。


1991年に3rdアルバム「DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-」をリリースしましたが、その後に突然解散を発表し、フリッパーズ・ギターは活動を終えました。


【渋谷系アーティストの代表】
ピチカート・ファイヴやオリジナル・ラブと並んで渋谷系音楽の代表的な存在と言えるアーティストです。ジャンルは渋谷系、ネオアコ、インディーロック、ギターポップ等です。


【楽曲について】
楽曲はその時その時の彼らがよく聴いていたと思われる音楽にそのまま影響を受けたようなものになっています。
1st、2ndアルバムはアズテック・カメラ、ヘアカット100、スタイル・カウンシル、モノクローム・セット等の影響を受けたネオアコ、ギターポップが主です。
3rdアルバムはプライマル・スクリーム、ストーン・ローゼズ、ビーチ・ボーイズ等の影響を受けています。様々なサンプリングで構成された、マンチェスターサウンドやシューゲイザーを髣髴とさせるアルバムです。

曲作りは小山田圭吾と小沢健二が協力して行っていました。「CAMERA TALK」以降は二人ともイニシャルがK.Oだったため、作詞作曲編曲等は「Double K.O. Corp.」(Double Knock Out Corporationの略)でクレジットされていました。

 
【フリッパーズ・ギターの影響】
フリッパーズ・ギターはたった3年程度の活動で解散してしまいましたが、音楽界に与えた影響は多大なものです。日本の軽音楽の歴史はフリッパーズ・ギター登場以前、以後に分かれると言われているほどです。様々なバンドやアーティストにも影響を与え、渋谷系音楽の文化を発展させました。ファッションの面でも当時の若者に影響を与えました。ファッション雑誌『Olive』に広告をよく出していました。

過激な言動でも知られており、当時の日本のアーティストをバカにするような発言を繰り返していました。インタビュアー相手にもひねくれた返答をすることがありました。かなり洋楽志向が強かったということでしょう。歌詞も文学的ながらも皮肉が効いたひねくれたものが多く、それがマニアな人の支持を集めることとなりました。


【解散理由は?】
 解散理由については現在もなお不明です。二人の不仲説が一番有力です。他にも、都市伝説レベルですが、小山田と小沢の二人が渡辺満里奈を取り合って喧嘩になって解散したという説もあります。管理人が支持している説はフリッパーズ・ギターでやりたいことを全てやり尽くしてしまったからという平和な理由です。


【解散後の二人の活動】
解散後、二人とも1993年にソロデビューしました。小沢健二はサブカル界隈から一時はメインに躍り出てJPOP界を牽引していましたが、現在は環境活動家となり、音楽活動はたまにする程度になってしまいました。
小山田圭吾はCornelius(コーネリアス)名義で活動するようになり、日本のみならずアメリカでも様々なアーティストのリミックスを手がける等活躍しています。


【中古屋で見かけるアルバムについて】
アルバムは中古屋でそこそこ見かけます。オリジナルアルバムはリマスター盤も出ていますが、3rdアルバムは色々と理由があってリマスター盤が出ていません。
何故か二人のソロのアルバムよりも値段が高いことが多いです。オリジナルアルバムは3作のみですが、作風がそれぞれ変わっているので好みが分かれます。ベストは全てレコード会社主導のものです。


【まとめ】
ソロの二人の音楽が好きという方はもちろん触れておくべき存在です。渋谷系音楽に興味がある方には是非とも聴いていただきたいと思います。意外なところでは初期のMr.Childrenもフリッパーズの影響を受けているようです。

どちらの方が音楽的に成功したかは何とも言えませんが、解散後の活躍ぶりからすると二人で活動するのにはやはり限界があったのでしょう。恐らく再結成されることは無いと思います。再結成を望む声は多いですが、再結成されても以前のような音楽にはならないことが想像できます。
フリッパーズ・ギターの現役時代を知らない世代には伝説の存在として、知っている世代にはあの頃の思い出として語られるのが一番良いのではないでしょうか?