大江千里
1989-10-21

【収録曲】
全曲作詞作曲 大江千里
全曲編曲        清水信之
1.編曲          The Travellin' Band
11.編曲          大江千里 
プロデュース 大江千里

1.WE ARE TRAVELLIN' BAND ★★★★★
2.おねがい天国(red monkey cut) ★★★★☆
3.魚になりたい ★★★★☆
4.年上の彼氏によろしく ★★★★★
5.今日はこんな感じ ★★★★★+1
6.吹雪におくれ毛 ★★★★☆
7.文化祭 ★★★★☆
8.雪山においでよ ★★★☆☆
9.向こうみずな瞳 ★★★★★
10.ラジオが呼んでいる ★★★★☆
11.いつかきっと ★★★★☆

1989年10月21日発売
EPIC/SONY RECORDS
最高位2位 売上24.8万枚

大江千里の8thアルバム。先行シングル「おねがい天国」「ラジオが呼んでいる」を収録。「WE ARE TRAVELLIN' BAND」が同日にシングルリリースされた。CDは当時としてはかなり珍しいピクチャーレーベル仕様。
タイトルが長いため、「赤猿黄魚」と呼ぶファンもいる。

1989年3月には初のベスト盤「Sloppy Joe」をリリースし、波に乗る中で今作もリリースされた。前作「1234」で顕著だった内省的な世界観が今作は一変し、ポップ感を強調したものになった。当初からのファンの中には変化に戸惑ってしまった方もある程度いたようだ。
恐らくベスト盤のリリースで今までの音楽を総括し、次作から別のスタイルにしようと考えていたのではないか。

今作は大江のオリジナルアルバムでは当時自身最高売上を記録したが、次作、その次の作品とさらに売上を伸ばしているため、大江のセールス的な全盛期と言える。テレビでの露出も増えていたのでそれもヒットに繋がったのかもしれない。


「WE ARE TRAVELLIN' BAND」は今作と同時発売されたシングル曲。「ぴあmusic complex」創刊号のCMソングに起用された。タイトル通り旅するバンドを描いた曲。歌詞は情景描写がとても美しい。タイトルにバンドが入っているためか、今までの曲よりもバンドサウンドが強調されている印象がある。ツアー中に3年程掛けてコツコツ書いた曲だという。


「おねがい天国(red monkey cut)」は先行シングル曲。アルバムバージョンで収録されている。この曲は様々なバージョンがある。『どーする!?TVタックル』(現在の「たけしのTVタックル」)の初代テーマソングに起用された。夏の暑さを感じさせるカラッとした明るさを持った曲。大江は同年から毎年夏に『納涼千里天国』と銘打ったライブイベントを行っていたが、それのテーマソングと言える曲。


「魚になりたい」はホーンセクションを用いたポップな曲。翌年1990年発売のシングル「たわわの果実」のC/W曲としてリテイクバージョンが収録された。歌詞は電車で見かけた女性に一目惚れし、片想いしている男が描かれている。今発表したらストーカーソング扱いされてしまうかもしれない。「流されそうな時を跳ねる魚になりたい」と歌われている。タイトルが中々衝撃的である。1994年にリリースされたベスト盤「Sloppy JoeⅡ」の1曲目なので、ファン人気が高い曲だと思われる。


「年上の彼氏によろしく」は大江のバラードの名曲。彼女に別れを切り出した男の、彼女へのメッセージが歌われている。歌詞は名言が連発されている。「年上の彼氏によろしくさ 恋は知りすぎたほうがいつも負けなのさ」というサビの歌詞、「笑い話をして逢うほど 人は簡単じゃないんだよ もう逢うこともない やせるなよ恋に」という2番のサビの歌詞… 強がっている男の気持ちがよく伝わってくる。


「今日はこんな感じ」は当ブログのタイトル曲。当初はシングル候補として作られたという。跳ね上がるようにポップな曲の裏で聴こえる、ドライブ感溢れるベースが印象的。丁度3分くらいの短い曲の中に言葉が詰め込まれている。彼女と上手く行かなくても、きっと明日は上手く行く…という前向きな歌詞。そして、そのような内容の曲に「今日はこんな感じ」とタイトルをつける大江のセンス… 歌詞、曲、アレンジのどれを取っても高レベルの名曲。曲そのものも、タイトルも好きなのでこのブログのタイトルとして使わせていただきました。


「吹雪におくれ毛」は力強い大江のボーカルが印象的な一曲。「WE ARE TRAVELLIN' BAND」のC/W曲として別バージョンで収録された。ギターサウンドが前面に出た大江千里流ギターロック。他の男と別れた女が、寂しさを紛らわせるために自分と付き合っている…そのような事への男の葛藤が歌われている。サビの「運命なんて今さら信じられない よくある恋の破滅ならそれもいいだろう」という歌詞が印象的。ここまで激しいイメージの歌詞もあまり無い。


「文化祭」は学生時代の思い出を振り返った曲。そのような曲ではあるが、思い出はとても淡々と歌われる。それが悔しさや飢えた感じが出ている。曲が進むにつれて歪んだサウンドになっていくのが印象的。大江には珍しいサイケな雰囲気を持った曲。


「雪山においでよ」はこれからパーティーが始まるという雰囲気に満ちたスローな曲。「雪山はいつもロック天国さ」というサビ終わりの歌詞が印象的。友人たちと馬鹿騒ぎする前という感じが微笑ましい。


「向こうみずな瞳」はマリッジブルーに沈む男が描かれている曲。彼女にプロポーズしたが、彼女は一人旅に出てしまった。「一人になってちょっと考えたい」と言った感じだろうか。女性が告白やらプロポーズやらを上手くかわす時の台詞=↑の言葉というイメージが管理人の中にある(笑) 
そんな彼女の返事を待ち続ける男。男もまた家族から結婚を反対されているのだが、「くだらない男で僕はいるよ」と堂々宣言している。男らしい。曲の途中には大貫妙子がボーカルで参加している。彼女の心を代弁しているような繊細なボーカル。このような少し重い内容の歌詞をポップな曲で飾る。かなりの名曲である。


「ラジオが呼んでいる」は先行シングル曲。AORテイストのサウンド。別れた彼女と過ごした日々を思い出しながら、その時間を共に過ごしたラジオに後悔している気持ちを語りかける…というような歌詞。サビの危なっかしい裏声が印象的。歌詞、サウンド含めて何故シングルにしたのか問いたくような曲である。嫌いな曲ではないのだが、今作の収録曲で言うなら「今日はこんな感じ」や「向こうみずな瞳」の方がよっぽどシングル向きだと思ってしまってならない。


「いつかきっと」はアルバムのラストを飾るバラード。大江のピアノ弾き語りによる曲。そのため、編曲は大江となっている。彼女と別れたが、「いつかきっと」やり直せて、笑い合える日が来るという前向きな気持ちが歌われている。


ヒット作ということで、中古屋ではかなり見かける一作。ポップ路線に振り切った大江千里の曲を堪能できる。前半5曲くらいは前向きに聴きたくなるような明るい曲で、後半は気だるいイメージの曲と綺麗に別れている。
ベストに収録された人気曲が多く収録されており、ライトリスナーにもおすすめできる。大江千里の音楽に興味がある方は是非とも聴いていただきたい。

★★★★★